映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング

【菅田将暉主演】3年A組 第4話 景山を陥れたフェイク動画の黒幕があきらかに! ネタバレ・感想

3年A組 第4話

前回、景山のフェイク動画の撮影を行った人物を特定することができた。しかし、動画の編集やDVDを宇佐美のバック入れた人物が同一ではないとこがわかり、黒幕は謎のまま。さらに、犠牲になったと思われていた生徒たちの無事が確認されたのだが・・・。

第4話 フェイク動画の黒幕がついに…

これまで柊(菅田将暉)によって犠牲になったと思われていた生徒たちが全員無事だった理由があきらかになる

中尾(三船海斗)は、柊によって準備されていた血のりを使ったトリックで、爆破で被害にあった生徒5人は、マネキンを使ったトリックであった。

さらに景山(上白石萌歌)の死の鍵を握る疑惑のフェイク動画撮影者は、里見(鈴木仁)だった。

しかし、その動画の撮影を指示した人物は他にいるらしく、その正体が誰なのかと生徒たちに尋ねる。

 

里見に指示を出す甲斐

引用:https://www.ntv.co.jp/3A10/story/04.html

当然、いままで通り誰も名乗り出ないと思った矢先、甲斐(片寄涼太)の手が挙がる。

だが、動画の編集には高度な技術が使われていて、素人の甲斐の犯行ではないと見抜いた柊は、後ろに黒幕がいるはずだと追及するのだが、口を開こうとしなかった。

 

柊先生

引用:https://thetv.jp/news/detail/177154/

すると柊はいつものように夜8時までに真実をあきらかにしなければ、生徒10人が犠牲になると告げる。

そんなとき、学校の体育館に母親の世話をしてもらうため、甲斐の弟と妹が現れていた。

捜査を外された郡司(椎名桔平)は、警察署で別の容疑で逮捕された「キシ マサフミ」という男の取調べを行っていた。

そこへ文香が携帯を返してもらうため、警察署にいる郡司のところへ訪ねてきた。しかし、文香の父にジャマをされ、郡司と柊のことについて話すことができなかったのだが、半グレ集団「ベルムズ」という言葉に反応する。

茅野と甲斐

引用:https://thetv.jp/news/detail/177154/1047516/

教室では、茅野(永野芽郁)は自身を奮い立たせ、甲斐に言葉を投げかけるが、それでも何かを語ることはなく、一人教室を出て行く甲斐。

だが、その茅野の勇気に魚住(富田望生)と河合(搗宮姫奈)が心を動かされ、茅野たちに協力することになる。

その頃、柊の同僚である森崎(堀田茜)と坪井(神尾佑)が甲斐の自宅を訪問し、母親から自分の病気のせいで息子のダンスへの夢を諦めさせてしまった事実を聞くことに・・・。

ひとり美術室で考え込む甲斐の姿が。

実は、甲斐はお金欲しさに景山を連れ出し、ベルムズメンバーに拉致されそうになったのを助けた過去があきらかになった。

 

甲斐を見る生徒たち

引用:https://thetv.jp/news/detail/177154/1047526/

やがて、夜8時が近付き、いら立った男子生徒たちが甲斐に迫り、一触即発の状態になる。

甲斐は「お前が勝ったら洗いざらい吐いてやる。ただし、俺が勝ったらみんなを解放しろ」と言われ、闘うことになった柊は郡司へ電話をつなぐ。

そこで甲斐がベルムズの指示で動画を撮らせたことがわり、ベルムズのリーダーが「キシ マサフミ」であると告白する。

 

郡司に電話する柊

引用:https://thetv.jp/news/detail/177154/1047523/

これまでの会話を聞いていた郡司は、ベルムズのアジトを見つけ、キシを拘束することに成功する。

しかし、なぜかキシの拘束に喜んでいない諏訪(今田美桜)の姿が・・・。

 

柊に詰め寄る生徒たち

引用:https://thetv.jp/news/detail/177154/1047517/

そんな中、犠牲になったと思われていた生徒たちの生存を知った生徒たちに対し、ついに真実を打ち明けようとした柊だが、話をする前に倒れてしまった。

ここで第4話は終わる。

3年A組・第4話の感想

甲斐の過去と景山との関係がわかった第4話。自分が上手くいかないのを他人のせいにしてしまったため、起こったフェイク動画事件。

お金が欲しくて、ダメだと思っていてもしてしまう。現実世界でも十分起こりうることだなと思いました。

最後、柊が倒れたけどやっぱりどこか具合が悪い?のかも。そんな体でも解決しないといけないほど、大切な問題だということが伝わってきました。

3年A組・個人的に響いた名言

必死にすがってもダメな時もある。どうにもならないことだって山ほどある。でもお前には、少なくともそのチャンスはあったんじゃないのか?

ほんとうに辛い時に頼れる人が1人でもいると心強いですよね。

真実を明かして、明日と戦え。抗え!もがいて掴め!生きてるお前には、それができるんだよ。

生きているからこそできることって多い。

変わるなら今だ。お前のその手で道を切り拓け。俺の好きなヒーローの台詞だ。

 人間いつだって変わることができる。決断するのは自分なんですよね。