映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング

【菅田将暉主演】3年A組 第5話 事件のカギを握るのは諏訪唯月!新たな真相が・・・ ネタバレ・感想

3年A組 第5話

前回、甲斐(片寄涼太)の証言によって景山(上白石萌歌)を陥れたフェイク動画の黒幕であるベルムズリーダーの「キシ マサフミ」を警察が拘束。なぜ人質事件を起こしたのか、真実を生徒たちに話そうとする柊だったが、突然倒れてしまい、謎のままに・・・。

第5話 諏訪唯月だけが事件の真相を知っている

倒れる柊

引用:https://thetv.jp/news/detail/177386/1052251/

柊(菅田将暉)は倒れたまま。「3月4日22時30分」から始まる。

その頃、郡司は「キシ マサフミ」の身柄を確保したことを五十嵐に報告していた。

 

柊の電話を代わりに出る茅野

引用:https://thetv.jp/news/detail/177386/1052258/

報告を受けた五十嵐は、柊の携帯へ電話するのだが、茅野が代わりに出てしまい、生徒以外の協力者がいることに気づかれてしまう。

そんな中、他の生徒たちはどうにかして脱出する方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。

内通者であった逢沢(萩原利久)が阻止しようとするが、他の生徒たちに取り押さえられてしまい、失敗に終わる。

そして生徒たちは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。

生徒たちによって拡散された生存報告と柊が倒れたという情報が警察にも入り、SITの突入が決定する。

無事だった中尾

引用:https://thetv.jp/news/detail/178084/1054570/

そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、堀部(森七菜)、結城(箭内夢菜)の6人の生徒が見つかり、よろこぶ生徒たち。

しかし、なぜか浮かない顔の里見たちは、教室から脱出を試みようとする生徒たちに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える。

無事が確認された里見たち

引用:https://thetv.jp/news/detail/177386/1052260/

里見たちは、今回の人質事件が「景山が殺された真実をあきらかにしたい」という思いから柊が実行したものであるということを本人から聞いていた。

そして、警察だけで真実を特定することはむずかしく、世間をつかって犯人をあぶりだす必要があり、世の中の注目を集めるために柊は学校に立てこもったことを知る。

さらに、柊が不治の病に冒されるており、もう時間がないことを聞かされた生徒たちは、景山の死に向き合おうとしていた。

そこで堀部が「真実をあきらかにするための鍵は諏訪(今田美桜)がにぎっている」と柊が話していたことをみんなに伝えたのだった。

諏訪

引用:https://thetv.jp/news/detail/178084/1054584/

諏訪の彼氏の名前は「マサフミ」、ベルムズリーダーの名前が「キシ マサフミ」であることに気づいた生徒らは問い詰めるのだが「私は関係ない」といって教室を出て行ってしまう。

実は、芸能事務所の支度金として200万円必要だった諏訪が、ガールズバーで働こうとしていたところをベルムズのリーダーであるキシに出会い、彼女になる。さらに、ネックレスをプレゼントされていた。

 

諏訪と茅野

引用:https://thetv.jp/news/detail/177386/1052250/ 

教室に戻った諏訪は倒れた柊のそばにいた茅野と2人きりになり、お互いの気持ちを話す。

その頃、学校に残ることを決意するのだが、一部の生徒たちは学校から出たいと申し出る。

柊と茅野

引用:https://thetv.jp/news/detail/177386/1052263/

そんな中、SITの突入を知った生徒たちはさらに混乱し、争い始めるのだが、倒れていた柊が現れ、一旦落ち着きを取り戻す。

そして話し合いをする前に、諏訪が何の情報を持っているのか確認してから決めようと柊が提案する。

初めは知らないと言っていた諏訪だったが、徐々にキシとの関係と自分の思いを話し始める。

諏訪の話を聞く柊

引用:https://thetv.jp/news/detail/177386/1052265/

それを聞いた柊は、諏訪に対して「お前は、間違ってない!」と叫ぶ。

この思いが伝わり、諏訪はキシからもらったネックレスを叩き壊し、中に入っていたSDカードを柊に渡す。

SDカードの中身は、フェイク動画の顧客リストであった。

SITの突入が目前と迫る中、なんとか突入を阻止することに成功する柊は、SNS上に顧客リストを公開した。

そこには依頼人「hunter」という名で「魁皇高校教師」の文字が・・・。

ここで第5話が終わる。

3年A組・第5話の感想

柊が倒れた理由が病だったとは・・・。なにかあるとは思っていたけど、不治の病だったとは。自分の命を懸けてまで生徒たちに教えたいこととは一体なんなのか気になります。

何となく諏訪とキシは関係あるかなとは思っていたけど、まさか彼女とは思いませんでした。おまけに、キシからもらったネックレスに顧客リストが入ったSDカード。そして、依頼人が教師だったとはこれからの後半も楽しみです。

しかし、あいかわらず武智は何者なんでしょうかね?違う意味で目立っているので、今後物語の重要人物になっていくのかもしれないですね。

3年A組・個人的に響いた名言

恥を繰り返して強くなるんだ。ていうか、恥もかかずに強くなれると思うな!

恥をかいて強くなることって多いと思います。先に恥をかいた方がラクだった場合もあるしね。