映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

映画「武士の一分」を視聴した感想(ネタバレ含)

映画「武士の一分」を視聴した感想(ネタバレ含)

映画「武士の一分」を視聴した感想(ネタバレ含)を書きます。

 

木村拓哉さんと山田洋次監督がタッグを組んだ作品だったので視聴。

 

いつも見るドラマや映画と違い「キムタク!」って感じじゃなく新鮮だったし、笹野高史さんの演技がよかった。(感想の続きは後半で)

最愛の妻・加世とつましく暮らしていた海坂藩の下級武士・三村新之丞は、藩主の毒見役をつとめ失明してしまう。絶望し、自害しようとする新之丞を必死に支える加世。しかし、あることをきっかけに夫婦の運命が大きく変わる物語。

作家・藤沢周平の時代劇小説「盲目剣谺返し」を山田洋次監督が衣装・美術から決闘シーンの殺陣まで担当し映画化。

 

 

映画「武士の一分」・あらすじ

海坂藩の下級武士・三村新之丞は、最愛の妻・加世とつましく暮らしていたが、藩主の毒見役をつとめ失明。

 

絶望し、自害しようとする新之丞を必死に思い留まらせる加世は、愛する夫・新之丞のため、口添えを得ようと番頭・島田藤弥に頼みに行くが罠にはまり、身を捧げてしまう。

 

その後、加世から「島田に身体を預けることを引き換えに家禄を安堵された」と聞かされ、激怒した新之丞は加世を離縁する。

 

しかし、加世が島田に騙されたことを知った新之丞は、彼に果たし合いを挑み、復讐を心に誓う。

 

盲目の剣士・新之丞の無謀な果し合いに勝機はあるのか、して失われた夫婦の愛情は再び取り戻せるのか…。

映画「武士の一分」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/

映画「武士の一分」の感想

これより下は映画「武士の一分」のネタバレを含んだ感想となります。

 

木村拓哉さんと山田洋次監督がタッグを組んだ作品だったので視聴したのですが、普段見るドラマや映画と違い「キムタク!」って感じじゃなく新鮮でした。

 

中間の徳平役を務めた笹野高史さんの演技もよかったし、むずかしいと言われている目を開けたままの盲目剣士をみごとにキムタクが演じていたと思います。

 

また、内容が武士のプライド、夫婦の絆とわかりやすいものだったので、時代劇に慣れていない私でも見やすかったです。

 

本作品で印象に残った言葉が一つありました。

もしお前に勝ち目があるとすれば、おまえに死ぬ覚悟ができていて、向こうは生きることに執着している。そこしかない

覚悟と執着の差をこの一言で説明していると思いました。

 

なにごとも覚悟を持って挑んだ方が強いということなんだと…。

 

ラストも離縁した加世が飯炊き女という形で戻り、再び共に暮らすようになったのもあの時代ならではの終わり方だったと思います。

 

映画「武士の一分」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします