映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング

【木村拓哉】グランメゾン東京・第3話「石丸幹二」ネタバレ感想

グランメゾン東京の第3話

グランメゾン東京の第3話が放送されたので、内容とネタバレ感想を書きたいと思います。

グランメゾン東京・第3話 ジビエ猟師・峰岸を口説く(ネタバレ含)

グランメゾン東京の第3話は、尾花夏樹(木村拓哉)と早見倫子(鈴木京香)が「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理を模索しているところからスタート。

なかなか進まず、イライラする尾花。

そこへ、京野陸太郎(沢村一樹)がフードライターの栞奈(中村アン)を連れてくる。

 

 

農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」がコラボし、鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールが開催されることになり、早見らも参加を決意。

コンクールには、丹後学(尾上菊之助)率いる「gaku」も参加することになる。

さらに、「gaku」のオーナー・江藤不三男(手塚とおる)が、ひそかにメイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めるのであった。

 

上質な肉が手に入れることができない尾花らは苦戦。

 

 

そんな中、相沢瓶人(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)のことを教えられた尾花と早見はさっそく彼のもとへ向かうが門前払いされてしまう。

だが、尾花の吹っかけで峰岸の料理を食べることができた二人は最高のジビエ(野生鳥獣)だと確信するが、交渉は上手くいかなかった。

そんな折、京野がモモ肉を仕入れることに成功し、調理方法も決まる。

 

あとは肉に合うソースと突き合わせを作るだけとなった。

 

尾花のアイデアでコンソメをソースとして使うことを決めるのだが、なかなか思った味にならず、諦めかけていたところに早見が鹿の生き血を使うことを提案。

 

あらためて、峰岸の元へ訪れ、生き血を分けてもらうことに。

 

無事にソースも完成し、コンクールに臨むのだが、当日尾花の姿はなく早見と相沢で作ることなる。

結果、食材の差と江藤の手回しがあり、早見は優勝を逃し、「gaku」の丹後が優勝。

落ち込む早見。そこへ、尾花が峰岸を連れて姿を現す。

 

実は、コンクールで出した料理と同じものを尾花が峰岸に食べてもらい、説得に成功。

 

今後、「グランメゾン東京」は峰岸から食材を提供してもらえることになるのだった。

 

そしてコンクールから1ヵ月が過ぎ、なんとかコース料理が決まり、相沢も正式に加わることになる。

 

さらに、雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長で尾花の元恋人・リンダ(冨永愛)がお店に現れるのであった。

「グランメゾン東京」の見逃し配信
【Paravi】https://www.paravi.jp/

グランメゾン東京・第3話のネタバレ感想

グランメゾン東京の第3話は、ジビエ料理のコンクールに出場する内容でした。

惜しくも優勝を逃したが、大切なものを2つ手に入れた。

あとは、玉森裕太さん演じる平古祥平と松井萌絵(吉谷彩子)を仲間に加えるだけ。

 

コンクールで有利になるために、食材を買い占めるって、実際にもありそうで怖いですね。

 

両極端のお店、今後どんな展開が待っているか楽しみです。

 

それにしても、生の血を使ったコンソメってどんな味なんですかね。ちょっと、食べてみたい。

 

ちなみに、今回の料理はドラマ「グランメゾン東京」のオリジナル料理だそうです。

 

尾花の元恋人も出てきたことだし、第4話も楽しみです。

「グランメゾン東京」の見逃し配信
【Paravi】https://www.paravi.jp/

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします