映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング
スター・ウォーズの順番は「公開順?時系列順?」おすすめタイトル

【木村拓哉】グランメゾン東京・第4話「吉谷彩子」ネタバレ感想

グランメゾン東京の第4話

グランメゾン東京の第4話が放送されたので、内容とネタバレ感想を書きたいと思います。

グランメゾン東京・第4話 プレオープン(ネタバレ含)

グランメゾン東京の第4話は、グランメゾン東京・プレオープンの準備をしているところからスタート。

雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がプレオープンにくることに。

リンダの影響力は強く、評価一つでお店の今後が決まってしまうほど。

 

リンダの来店も決まり、やる気を燃やす尾花(木村拓哉)。

 

コースの最後を締めるデザートはとても重要だと考える尾花は、デザートをもう一度検討しなおすことを決める。

 

そんな尾花は、萌絵(吉谷彩子)をスカウトしに祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。

 

尾花に誘われた萌絵は、さっそく試作品を作るのだが、尾花と倫子に否定されてしまう。

納得のいかない萌絵は、もう一度チャンスをもらうようにお願いする。

京野(沢村一樹)のおかげもあり、それぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することになるのであった。

 

 

祥平の助けもあり、萌絵のデザートを採用することに。

 

そんな中、いよいよプレオープンを迎える。

 

順調に料理を作り上げていくのだが、柿谷(大貫勇輔)の裏切りによって魚料理の提供がむずかしくなってしまうのだった。

 

しかし、諦めきれない尾花は、下準備をスタートさせる。

厨房の異変に気がついた祥平は、京野の頼みもあり、下準備の手伝いを行うことに。

なんとか間に合い、コース最後のデザートまで提供することができ、お客を満足させることに成功する。

 

さらに、萌絵のデザートはリンダから称賛され、雑誌「マリ・クレール ダイニング」にも高評価で取り上げられるのであった。

 

グランメゾン東京・第4話のネタバレ感想

グランメゾン東京の第4話は、グランメゾン東京のプレオープンに関する内容でした。

 

シェフがあそこまで妥協せずに、こだわったコース料理を食べてみたいですね。

 

すごい金額になりそうだけど…。

 

今回も江藤(手塚とおる)が裏で手をまわしていたとは…、丹後(尾上菊之助)がちょっと可哀想な気もしますね。

 

自分の腕を信じてもらえてないのは、料理人として悲しいことだと思いますね。

 

それにしても吉谷彩子演じる萌絵のチャラさがいい感じでよかったです。

 

結局最後は、尾花らの料理に対する想いに心を入れ替えちゃうんだけど。

 

次回は祥平も加わるようなので、楽しみです。

「グランメゾン東京」の見逃し配信
【Paravi】https://www.paravi.jp/

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします