映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング

【木村拓哉】グランメゾン東京・第6話「寛 一郎」ネタバレ感想

グランメゾン東京の第6話

グランメゾン東京の第6話が放送されたので、内容とネタバレ感想を書きたいと思います。

グランメゾン東京・第6話 トップレストラン50(ネタバレ含)

グランメゾン東京の第6話は、丹後(尾上菊之助)が尾花(木村拓哉)を呼び出し、祥平(玉森裕太)について会話をするところから始まる。

丹後のいるgakuに祥平が入ったことを知った京野(沢村一樹)や相沢(及川光博)らは戸惑う。

そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。

 

東京開催を聞いた尾花は、日本が誇る魚料理を開発し直すことを決める。

 

その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。

 

京野の提案でグランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アン)が加わることに。

 

そんな中、芹田(寛 一郎)は江藤(手塚とおる)から金を受け取ってグランメゾン東京の内部情報を流していた。

 

さらに、ただ一人だけいつまでも見習いで料理を作らせてもらえない芹田は、店を辞めることを決意。

 

その後、尾花らは新メニューの魚料理を完成させるのだが、芹田の裏切りによってレシピが江藤の手元へ

レシピ通り柿谷(大貫勇輔)に作らせるのだが、失敗に終わるのであった。

一方、店を辞めることを決意した芹田に退職金代わりにグランメゾン東京のコース料理を食べてもらうよう説得する京野。

 

コース料理を食べ終えた芹田は、自分の考えが間違っていたことに気づき、これまでの裏切り行為を正直に尾花らに伝えるのであった。

 

だが、自分たちの料理に絶対的な自信を持つ倫子ら(鈴木京香)は芹田の裏切りを知るのだが失笑。

 

どんな料理人になりたいのかと問いかける尾花に対し、グランメゾン東京に残ることを決める芹田。

グランメゾン東京・第6話のネタバレ感想

グランメゾン東京の第6話は、芹田の裏切りと料理人の思いでした。

 

祥平がgakuに加わったことでより強敵になった感じで、丹後も料理を作るのを楽しんでいるように見えましたね。

 

芹田が尾花らに認めてもらうために、必死にもがいている姿をみてもっと自分も頑張らなければいけないなと思わされました。

 

何かで人より突き出るには、もっと必死にやる覚悟を持たないですね。

 

いつの間にか現状維持することに満足していた気がします。

 

グランメゾン東京で作られている料理を監修している「カンテサンス(三ツ星)」とgakuの料理を監修している「INUA(二つ星)」って実際に星を獲得していたんですね。

 

次回は、トップレストラン50が発表されるので楽しみです。

 

「グランメゾン東京」の見逃し配信
【Paravi】https://www.paravi.jp/

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします