映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

アニメ【鬼滅の刃】第4話の感想

アニメ【鬼滅の刃】第4話の感想とあらすじ
アニメ【鬼滅の刃】第4話の感想とあらすじを書きます。

鬼滅の刃・第3話の復習

鬼殺隊に入隊するためには最終選別に合格する必要があり、鱗滝の訓練を受けることになった炭治郎。

 

1年をかけ、鱗滝からすべてを教わった炭治郎は、最終選別へ行く条件として、巨大な岩を斬るように命じられる。

 

しかし、一向に岩を斬ることができない炭治郎。

 

そこへ、狐の面をつけた錆兎(さびと)と真菰(まこも)が現れ、指導を受け、巨大な岩を斬ることに成功するのであった…。

鬼滅の刃・第4話のあらすじについては、2分程度で内容を思い出せるように300文字以内にまとめています。

 

 

鬼滅の刃・第4話「最終選別」の感想とあらすじ

鬼滅の刃・第4話の感想(ネタバレ含む) 

 

鬼滅の刃・第4話のネタバレ感想です。

 

炭治郎を指導した錆兎と真菰は、これまで鱗滝が鍛えあげた若き剣士。

 

だが、鬼殺隊最終選別で鬼によって倒されていたのだった。

 

2人は鬼を倒せなかった想いから炭治郎の目の前に現れ、力を貸したってことだったんですね。

 

それにしても、炭治郎は別人のように強くなりましたね。

相手の隙につながっていて見える「隙の糸」

壱ノ型・水面斬りであっという間に2人の鬼を倒し、巨大な鬼もやっつけるとはお見事。

 

巨大な鬼と戦うシーンも観ていてちょっとドキドキしたのでよかったです。

 

藤の花もキレイだったし、本作品は映像もとてもいい。

 

第4話では、新しく2つのことがわかりましたね。

 

1つ目は、鬼の強さが人を食った数で決まるのと、藤の花が鬼はキライだということ。

 

2つ目は、鬼殺の剣士は「日輪刀」と呼ばれている特殊な鋼で作られ、唯一鬼を倒すことができる刀で戦っているということ。

 

でも鬼はなぜ藤の花がキライなのか?

 

臭い?綺麗だから?

 

まったく予想がつかない…いずれあきらかにされるといいな。

 

 

鬼滅の刃・第4話のあらすじ

巨大な岩を斬ることができた炭治郎は、最終選別を受けるため1人旅立つ。

 

鬼殺隊最終選別の合格条件は、鬼殺の剣士が生け捕りにした鬼たちが閉じ込められている藤襲山で七日間生き抜くということだった。

 

さっそく、2人の鬼と出会った炭治郎は、鱗滝の訓練で身に付けた全集中・水の呼吸で斬り倒す。

 

そんな炭治郎の前に、巨大な鬼が現れる。

 

その鬼はこれまで鱗滝が送り出した若き剣士13名を倒していた。

 

しかし、2年にわたる鍛錬を続けてきた炭治郎は見事に鬼の首を討ちとるのであった…。

鬼滅の刃・第5話「己の鋼」の予告

 

最終選別の合格条は、鬼のいる藤襲山で七日間生き延びること。

 

炭治郎は、鱗滝左近次のもとで身につけた呼吸法と型で着実に鬼を斬っていく。

 

しかし、そんな炭治郎の前に、巨大な異形の鬼が現れるのであった…。

 

 アニメ【鬼滅の刃】の第5話をすぐに観たい方は「U-NEXT」で続きを視聴することができます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします