映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

映画「ステップ」のあらすじ・出演者(キャスト)

映画「ステップ」のあらすじ・出演者と小説(原作:重松清)の感想

映画「ステップ」のあらすじと出演者(キャスト)をご紹介。

 

映画「ステップ」は、大切なものを失った家族が新しい人生に向かって一歩ずつ成長していく姿をテーマにした小説を映画化した作品。

映画公開日:2020年4月3日(金)

主演は2019年の主演ドラマ「全裸監督(Netflix)」で話題を集めた実力派俳優・山田孝之さんが務めます。

 

原作は「とんび」「流星ワゴン」などの作品を生み出してきた作家・重松清さん。

 

本記事の最後に小説原作「ステップ」の感想(ネタバレ含む)も書いてあります。

映画「ステップ」・あらすじ

結婚3年目、30歳という若さで妻を亡くし、シングルファーザーになった山田孝之演じる主人公・武田健一は男手一つで娘・美紀を育てることを決意。仕事と育児の両立に悩みながらも、ゆっくりと成長していく父と娘の10年間を描いた物語。残された人たちは何を思い、何を感じ生きるのか…そして、彼らが歩んだ道とは――。

 

www.cocomosu.com

 

映画「ステップ」の出演者(役柄)*ネタバレ含む

映画「ステップ」の出演者(キャスト)と役柄をご紹介

山田孝之(武田健一役)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

映画「ステップ」4/3(金)公開(@step2020movie)がシェアした投稿 -

 

映画「ステップ」で山田孝之さんは、突然、妻を病気で亡くし、30歳でシングルファーザーとなった主人公・武田健一を務めます。

 

自分一人で2歳半になる美紀を育てようと決めた健一は、日々成長していく娘に戸惑いながらも懸命に育てていく。

 

義両親との関係、子育てと仕事、ある女性との出会い…目まぐるしく変化する中を娘と乗り越え、共に成長していく健一役として出演。 

田中里念・白鳥玉季・中野翠咲(武田美紀 役)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

映画「ステップ」4/3(金)公開(@step2020movie)がシェアした投稿 -

 

映画「ステップ」は登場人物の18年間が描かれているので、健一の娘・武田美紀は、3人の子役が年齢ごとに演じています。

田中里念(美紀:9~12歳)
白鳥玉季(美紀:6~8歳)
中野翠咲(美紀:2歳)

2歳半でママを失った美紀は、母親の記憶が全くない。そんな美紀もやがて小学生に…。子どもながらに「ママがいない」という現実を受け止め、必死に乗り越えていく美紀役として出演。

 

健一の娘・美紀の6~8歳を演じる白鳥玉季さんは、現在放送中のTBSドラマ「テセウスの船」で佐野鈴 役で出演中です。 

広末涼子(斎藤奈々恵 役)

 

映画「ステップ」で広末涼子さんは、健一と美紀の2人にとって、大きな存在となる斎藤奈々恵役として出演。健一とは同じ会社の同僚。

伊藤沙莉(ケロ先生 役)

 

映画「ステップ」で伊藤沙莉さんは、美紀が通う保育園の先生役として出演。

 

まだ育児と仕事の両立に慣れていない健一を優しくサポートしてくれ、頼れる存在。

 

その他、映画「ステップ」の物語で欠かせない登場人物(キャスト)をご紹介します。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

映画「ステップ」4/3(金)公開(@step2020movie)がシェアした投稿 -

 

川栄李奈(成瀬 舞 役):健一の行きつけのカフェ店員で雰囲気が亡き妻にちょっと似ている

國村 隼(村松 明 役):実の息子のように健一を思い、見守り続けている義父

余 貴美子(村松美千代 役):健一の義母

角田晃広(村松良彦 役):健一の義理の兄

片岡礼子(村松 翠 役):健一の義兄の妻

映画「ステップ」公式サイト|4月3日(金)全国ロードショー

 

 

小説原作「ステップ」のネタバレ感想

小説原作「ステップ」

これより下はネタバレを含んだ感想となります。

原作者:重松清

1963年に岡山県で生まれ、高校卒業後に上京。大学を卒業し出版社に勤務。1991年に「ビフォア・ラン(幻冬舎文庫)」で作家デビューを果たし、1999年、「ナイフ(新潮社)」で坪田譲治文学賞を受賞。その後も数々の賞を受賞し、多くの作品がドラマ・映画化される。

山田孝之さん主演で小説原作「ステップ」が映画化されることを知り、映画が公開される前に原作を読んでみたいと思ったのがきっかけでした。

 

普段、小説をあまり読まない私ですが、読み始めた瞬間、ストーリーに引き込まれ、気づいたら一気に読み終えていました。

 

個人的には、前半部分(母の日の授業参観まで)が印象深かったです。

 

ママ(朋子)がいなくなったことを必死で受け入れ、悩み、頑張っている美紀の姿を想像すると胸が締め付けられ、何とも言えない気持ちになりました。

 

さらに、妻を亡くし突然シングルファーザーとなった健一への悪意のない周りからの言葉は、読んでいて辛かった。

 

結果的に、周りの人たちに支えられたおかげで、乗り越えることができたのかもしれないけど…読んでいてすごく切なかった

 

朋子の両親と兄夫婦の「美紀を引き取ろうか」という言葉。

 

本人たちは優しさのつもりで言っているんだろうけど、健一にとっては一番聞きたくない言葉だったと思う。

 

本当に健一と美紀のことを考えるなら、うそでも「全面的にサポートするから、できるところまで2人でがんばってみな!」の方がうれしく感じるんじゃないかな。

 

それと「美紀のためにも再婚した方が…」って、もし将来、自分のために再婚したということを知ったら、美紀はどう思うのかって考えたのかな?って思った。

 

確かに、男手一つで娘を育てていくのは、異性だしかなり大変なことなんだろうけど…。

 

それに本当に再婚する必要があると感じたら、言われなくてもすると思うし。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

映画「ステップ」4/3(金)公開(@step2020movie)がシェアした投稿 -

 

健一が義父・明と銀座のお店で初めて二人っきりで食事をしたときの言葉が忘れられなかったです。(サンタ・グランバ)

あとから後悔しても思い出は増やせないんだ…

あえてここは詳しく書かないようにします。

 

ただ、子どもを持つパパさんにはぜひ読んでもらいたいところです。わたし自身、義父・明の言葉に考えさせられました。

 

全体的な感想としては、読み終えた後、心が温かくなる作品でした。

 

小説原作「ステップ」が映画という限られた時間(2時間程度)の中でどのような描かれるのか楽しみです。

 

ちなみにタイトルの「ステップ」は、足取りや歩みの意味と、血縁関係のない家族を示すステップファミリーの意味を重ね決めたそうです。(あとがきより)

 

コロナおさまってれば、映画館でみたいな。

 

その前に、原作小説を読んでみたいなと思った方は映画「ステップ」の出演者(キャスト)と登場人物を先に一致させておくと映画を観たときに自分が頭の中で作り上げた人物とギャップを感じなくていいかもしれないです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします