映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

アニメ「俺ガイル・完(3期)」のあらすじ・全話まとめ

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル・完)3期」のあらすじ・全話

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル・完)3期」のあらすじ・全話を第1話から分けてまとめました。

俺ガイル(完)3期

少しひねくれた性格の比企谷八幡は、千葉市立総武高等学校に通う高校2年生。ぼっち生活を謳歌していた比企谷だったが、生活指導担当の平塚静によって「奉仕部」に入部させられる。部員の雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣とともに、様々な種類の案件をこなす毎日をすごしていた。俺ガイル(続)2期では、生徒会長の一色いろはからの依頼で生徒会の手伝いをした奉仕部員。

 

俺ガイル(続)3期では、雪乃から最後の依頼を受けた比企谷と結衣。一方、3月の卒業式を控え、再び生徒会長の一色いろはからプロムの協力を求められる。そして、ついに3人の関係に結末を迎えるのだった…。

2011年に発売されたライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(作者:渡航)」をアニメ化。同作品は、2019年12月時点で累計発行部数1000万部を突破。

 

漫画本は「妄言録(モノローグ)」と「@comic」の2種類が発売されているので注意。*アニメ「俺ガイル 続」は、漫画「妄言録(モノローグ)」の13巻以降

 

当サイトがあらすじを書いているテレビアニメに近いのが「妄言録(モノローグ)」、原作のライトノベルに近いのが「@comic」となっていて、絵も違います。 

 

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル・完)3期」あらすじ・全話まとめ

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル・完)3期」のあらすじ全話分については、各回2分程度で読めるように300文字以内にまとめています。 

 

内容を思い出したいとき、途中からアニメを観たくなったときなどに使ってください。

俺ガイル(続)3期をすぐに視聴

【Amazon公式サイト】
https://www.amazon.co.jp/

【3期】第1話「やがて、季節は移ろい、雪は解けゆく。」のあらすじ

 

「比企谷くん、あなたの依頼が残っている…。」

 

曇天の空から雪が降りつのる中、雪乃からの依頼を聞く比企谷と結衣。

 

「私の依頼は一つだけ。あなたたちにその最後を見届けてもらいたい。」

 

雪乃の言葉を2人は受け入れ、一緒に雪乃のマンションに向かい、陽乃と遭遇するのだった…。

 

翌日は、妹・小町の受験最終日。

 

比企谷は、小町の受験が終わるまで街をブラブラ。すると、同じクラスの川崎沙希と遭遇。

 

川崎姉妹とカフェで話をしているところに受験が終わった小町が合流。

 

その後、川崎姉妹と別れ、比企谷と小町は、2人で買い物をして帰宅するのであった。

【3期】第2話「今日まで、その鍵には一度も触れたことがない。」のあらすじ

 

雪ノ下雪乃の依頼をかなえるため、姉・陽乃に会いにいく比企谷と結衣。

 

雪乃が自分の将来の希望について母に伝えたいという気持ちを聞いた陽乃は、協力する意思があることを雪乃に伝える。

 

だが、陽乃の態度に違和感を覚える比企谷。

 

そんな比企谷がマンションから帰るところを待ち伏せしていた陽乃は、自分と同じで「予言してあげる。君は、酔えない」というのだった…。

 

そんな中、奉仕部の部室に生徒会長の一色いろはがプロジェクターをもって訪れ、海外ドラマを一緒に観ることに。

 

毎年卒業式のあとに行われている謝恩会を今年はプロム(学年の最後に開かれるフォーマルなダンスパーティー)に変更したいことを伝えるのだった。

 

そして、プロム開催までの手伝いを奉仕部にお願いしたところ、雪乃1人が協力することに…。

【3期】第3話「やはり、一色いろはは最強の後輩である。」のあらすじ

 

妹・小町の受験結果が発表される日。

 

落ち着かない比企谷のところに、小町からメールが…

 

無事に総武高校に合格。

 

一方、生徒会主催のプロムの手伝いをすることになった雪乃は、生徒会長のいろはと共に準備を進めていた。

 

その間、奉仕部の活動が休みになって暇を持て余していた比企谷のもとにいろはが現れる。

 

彼女からプロムの手伝いを頼まれた比企谷は、放課後生徒会室へ。

 

そこで初めてプロムのPV撮影が行われることを知らされた比企谷は、戸惑いつつも用意されていた衣装に着替え、結衣と共に協力することに…。

 

その後、みんなの協力もあり、無事にプロムのPV撮影を終える。 

【3期】第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」のあらすじ

 

この間撮影したプロムのPVが好意的な反応で受け入れられ、ひとまず安堵する雪乃ら。

 

手伝うことがなくなり、また暇になった比企谷と結衣は、小町へのプレゼントを買いに行くことに…。

 

別の日、あわてた様子で一色いろはが比企谷と結衣の元へ。

 

雪乃の母親と姉・陽乃が保護者の一部からプロム中止の意見が出ていることを伝えに学校へ訪れる。

 

プロム開催に暗雲が立ち込め、雪乃はひとりで対策を練りなおすことを決意。

 

しかしその後、学校側もプロム中止を決めたことを知った比企谷は、生活指導の平塚に事情を聴きに学校へ向かうのだった…。

【3期】第5話「しみじみと、平塚静はいつかの昔を懐かしむ。」のあらすじ

 

結衣と別れ、平塚の元に向かった比企谷は、学校側もプロム自粛の方向になっていることを聞く。

 

だが、プロム実行をまだ諦めていない比企谷は、雪乃を手伝うことを決意。

 

雪乃がいる生徒会室へ向かう途中、一色いろはと遭遇し、プロム実行を手伝う意向があることを伝える比企谷。

 

そして、プロム実行を手伝わせてほしいと雪乃にお願いする比企谷だったが、拒否されてしまう。

 

そこで比企谷は生徒会とは別の対抗案を考え、プロム実行を目指すことを伝えるのであった…。

【3期】第6話「あらためて、比企谷八幡はかたりかける。」のあらすじ

 

雪乃とは別のやり方でプロムを実行させることを決めた比企谷は生徒会室をあとにする。

 

話をこじらせた比企谷に理由を聞くために後追ってきた一色いろは。

 

比企谷から自分が考えているプロムはあくまで雪乃の案を通すため、当て馬としての代案であることを伝えられる。

 

一方、比企谷が雪乃とは別のやり方でプロムを実行させるつもりでいることを知った結衣は、一緒に手伝うことに…。

 

【3期】第7話「最後まで、由比ヶ浜結衣は見守り続ける。」のあらすじ

 

材木座から遊戯部の秦野、相模が紹介され、協力してもらうことになった比企谷と結衣。

 

早速、5人で打ち合わせをするが、一向に話が進まない。

 

しかし、結衣の一言で海浜総合高校との合同プロムを検討する方向性が決まり、比企谷らの計画も動き出す。

 

一方、休憩している雪乃を見かけた比企谷。

 

お互いの進捗状況を確認しているところへ結衣が現れるのであった。

 

【3期】第8話「せめて、もうまちがえたくないと願いながら。」のあらすじ

 

部長会を利用したい比企谷は、葉山を呼び出しダミープロムの協力を依頼するが断られてしまい、別の方法を考えることに。

 

一方、ダミープロムの公式サイト用写真を撮影するため、優美子、姫奈、結衣と浜辺に来た八幡。

 

無事に撮影を終え、ダミープロムの公式サイトを立ち上げた。

 

その後、ダミープロムのことを雪乃の母親にうまくリークしてほしいと陽乃に相談。

 

比企谷の計画通り、雪乃の母親を学校に来させることに成功する。

 

そして、生徒会主導のプロムが実行できるように保護者らを説得してもらうようお願いをするのであった。 

【3期】第9話「きっと、その香りをかぐたびに、思い出す季節がある。」のあらすじ

 

第8話で奉仕部の勝負に勝った雪乃から「結衣の願いを叶えて欲しい」とお願いされた比企谷。

 

放課後、結衣を誘い公園に向かう比企谷は意を決して「お前の願いを叶えさせてくれ」と思いを伝える。

 

それに対し、結衣は自分の願いを伝えるのが、本当の気持ちは隠したままだった…。

 

そんな中、小町の誕生日プレゼントとしてケーキを結衣の家で一緒に試作することになった比企谷。

 

策士・ガハママの手伝いもあり、無事に完成。

 

そしてついに迎えた卒業式。

 

前生徒会長・城廻めぐりの答辞で比企谷は号泣するのであった…。

 

【3期】第10話「颯爽と、平塚静は前を歩く。」のあらすじ

 

卒業式が終わり、生徒会と一緒にプロムの準備を始めることになった比企谷と結衣。

 

そんな中、奉仕部がこの仕事を最後に解散することに気づいた生徒会会長の一色いろは。

 

比企谷に雪乃と結衣の3人で生徒会に入ることを勧めるのだが、答えを濁されてしまう。

 

それぞれの思いを胸にプロムは開催されたが、無事に終えることができた。

 

しかし、3人の出した答えに納得がいかない雪ノ下陽乃は、比企谷に「わたしを納得させてほしい」と伝えるのであった。

 

【3期】第11話「想いは、触れた熱だけが確かに伝えている。」のあらすじ

 

平塚に誘われ、バッティングセンターに立ち寄った比企谷。

 

そこで平塚から最後の言葉が贈られた。

 

「その一つ一つをドットみたいに集めて、君なりの答えを紡げばいい」

 

本物を求めた比企谷は一つの答えにたどり着く…。

 

その後、結衣にいまの状況でいいのかと問われた比企谷は、雪乃と今後関りがなくなることに納得いっていないことを伝えるのであった。

 

それに対し、結衣は「全部ほしい」と…。

 

一方、ダミープロムの企画を再稼働させた比企谷。

 

この事を知った雪乃の母親が学校に乗り込んでくるのだが、雪乃を巻き込みプロムを成功させることを約束するのであった。

【3期】第12話のあらすじ

 

2020年9月25日のテレビ放送後に追記予定

 

俺ガイル(続)3期をすぐに視聴

【Amazon公式サイト】
https://www.amazon.co.jp/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします