映画・ドラマ・アニメのことなら『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、アニメ等の感想を書いたり、気に入った名言・名セリフをご紹介しています。また、動画配信サービス(VOD)の比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

MENU
vod比較(動画配信サービス)
動画配信サービス おすすめ映画
おすすめ人気アニメ!動画配信サービスでイッキ見
アニメ見放題を比較

映画「新聞記者」を視聴した感想(ネタバレ含)

*当サイトは広告を含んでおります

映画「新聞記者」を視聴した感想(ネタバレ含)

映画「新聞記者」を視聴した感想(ネタバレ含)を書きます。

 

第43回日本アカデミー賞・最優秀作品賞を受賞して話題になっていたので視聴。

 

フィクション作品のはずだが、ノンフィクションなの?と思わせる内容でした。杉原拓海役を務めた松坂桃李さんの演技がよかったです。(感想の続きは後半で)

一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかけている作品。

東京新聞に所属している望月衣塑子さんの完全フィクション作品を原案とし映画化。反政府というイメージを恐れ、日本人女優は誰も引き受けなかった。

 

映画「新聞記者」・あらすじ

+ 映画「新聞記者」・あらすじ

東都新聞記者・吉岡エリカのもとに「医療系大学の新設」に関する極秘文書が匿名FAXで届いた。ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく許認可先の内閣府を洗い始める。

一方、内閣情報調査室(内調)に勤める杉原拓海は政権を守るための情報操作やマスコミ工作に明け暮れていた。しかし、外務省時代の尊敬する元上司・神崎の死を通じて、官邸が強引に進める驚愕の計画を知ることになる。

映画「新聞記者」の感想

これより下は映画「新聞記者」のネタバレを含んだ感想となります。

 

第43回日本アカデミー賞・最優秀作品賞を受賞して話題になっていたので視聴したのですが、フィクション作品なのに、ノンフィクションなの?と思わせる内容でした。

 

政治のことはあまり詳しくないのでわからないが、もし実際に映画の内容と同じようなことが行われていたらと思うとちょっとゾッとしました。

嘘か本当かを決めるのは国民。この国の民主主義は形だけでいいんだ。

とくにここ最近の報道とかを観ているとなんとも言えない感じがします。

 

だた本作品を観て、問題意識を持ってきちんと考えられるようにならなければいけないと思いました。

 

そして、最後まで気になったのがラストシーン。

 

杉原拓海は、吉岡エリカに向かって「ごめん」と言っているように見えました。

 

それと最後、エリカの驚く顔…杉原は道路に飛び出したのかも(自殺?)

 

今回、杉原拓海役を務めた松坂桃李さんが若手官僚の葛藤を上手く表現されていてよかったです。

 

全体を通して面白いというより「もしかしたら、こんなことが裏では行われているのかも。」と知るのにちょうどいい作品だと思います。

 

報道に踊らされないためにも一度視聴してみてはどうでしょうか?

+ 映画「新聞記者」のVOD配信状況

映画「新聞記者」の見逃し配信一覧表

動画配信
サービス
配信
状況
動画配信
サービス
配信
状況
Netflix 視聴 Amazon
30日間無料
視聴
U-NEXT
31日間無料
視聴 dTV
31日間無料
視聴
FOD見放題
2週間無料
視聴 Hulu
2週間無料
視聴

*2022年時点

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします