映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

ドラマ「東京ラブストーリー 2020」の感想(ネタバレ含)

ドラマ「東京ラブストーリー 2020」の感想(ネタバレ含)
ドラマ「東京ラブストーリー 2020」の感想(ネタバレ含)を書きます。

 

1991年にフジテレビで放送された「東京ラブストーリー」が29年ぶりにリメイクされたので視聴。

 

鈴木保奈美さん、織田裕二さん、有森也実さん、江口洋介さんらの印象が強いトレンディドラマをリメイクということであまり期待せずに視聴したのですが、最終回まで楽しく観ることができました。(感想の続きは後半で)

広告代理店に勤める永尾完治は、地元の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となり東京へ。そこで同じ会社で先輩の赤名リカが完治の仕事の面倒を見ることになる。次第に、完治とリカの関係に変化し始めていくのであった…。

1991年に放送された「東京ラブストーリー」の平均視聴率は22.9%、最高視聴率は最終話の32.3%を記録する大ヒット作品。

 

 

ドラマ「東京ラブストーリー 2020」・あらすじ

 

広告代理店の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となり東京へやってきた永尾完治は、同じ会社の赤名リカと出会う。

 

先輩のリカは、部長である和賀の指示で完治の仕事の面倒を見ることになる。

 

一方、完治は東京にいる地元・愛媛の同級生である三上健一から誘われ、一緒に飲むことに。

 

そこへ完治が学生時代から密かに想いを寄せていた関口さとみも来ることになり、久々の再会を果たす。

 

その頃、完治が会社に忘れていた財布に気づいたリカは、彼らのいるお店に財布を届け、一緒に飲むことになる。

 

この夜をきっかけに4人の交流が始まるのであった…。

ドラマ「東京ラブストーリー 2020」をすぐに視聴
【FOD】
https://fod.fujitv.co.jp/

ドラマ「東京ラブストーリー 2020」の感想

これより下はドラマ「東京ラブストーリー 2020」のネタバレを含んだ感想となります。

 

1991年に放送されたドラマ「東京ラブストーリー」を観ていたこともあり、2020年版も視聴。

 

インパクトのあるドラマだったため、当時の俳優・女優陣の印象が強く、あまり期待せずに観たのですが、最終回まで楽しんで視聴することができました。

 

正直、第1話を観たときはどうしても配役に違和感があり、入り込めなかったのですが、そのまま気にせずに第2話、第3話と観続けていくうちに、新しい配役も好きになっていき、だんだんと面白くなっていきました。

 

 

鈴木保奈美さんが演じたあの赤名リカを今回務めた石橋静河さんの笑顔や演技が令和版といった感じで平成版とは違ったのもよかったです。

 

ストーリー的には多少変えているところもあるが、ほぼ同じ。

 

けど、カメラワークというか映像が現代版って感じでキレイでした。

 

伊藤健太郎さん、清原翔さん、石井杏奈さんも平成版とそれぞれ違った感じで演じていたのでよかったし、平成版と令和版を別作品として観ると最後までたのしく視聴することができると思いますよ。

 

「東京ラブストーリー 2020」が気になっている方は、第3話くらいまでは視聴を続けてみてくださいね。

ドラマ「東京ラブストーリー 2020」をすぐに視聴
【FOD】
https://fod.fujitv.co.jp/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします