映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、アニメ等のネタバレ感想を書いたり、気に入った名言・名セリフをご紹介しています。また、動画配信サービス(VOD)の比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

MENU
vod比較(動画配信サービス)
映画見放題を比較
アダルトVOD(動画配信サービス)を比較
アニメ見放題を比較

ドラマ「真犯人フラグ」要点と考察・第1話から最終回までのまとめ

ドラマ「真犯人フラグ」要点と考察・第1話から最終回までのまとめ

ドラマ「真犯人フラグ」の要点と考察・第1話から最終回までの内容を放送ごとにまとめました。各回の内容については、要点と考察に分けたまとめ記事にしました。また、真犯人フラグの「要点と考察」は放送回ごとに更新してあります。

 

真犯人フラグ・各回の要点と考察が理解しやすいように、「真犯人フラグ」の人物相関図を最初にご紹介。

 

真犯人フラグ・相関図

相関図|真犯人フラグ|日本テレビ

 

目次から各回の要点と考察に移動もOK

真犯人フラグ・第1話から最終回までの要点と考察

ドラマ「真犯人フラグ」のキャスト

引用:https://twitter.com/

真犯人フラグ・第1話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第1話がわかるダイジェスト!【第2話は10/17(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第1話の要点

・自宅建設予定地で猫おばさんから「何もないといいけどね」と声をかけられる
・失踪当日(金曜日)、凌介が帰宅すると家族の姿はなし(金 21:55)
・雨で篤斗のサッカー教室が休みなったと真帆から連絡あり(金 16:12)
・日野の店から帰宅。家族の姿なし(金 25:03)
・凌介の携帯には隣人・菱田朋子の連絡先が登録されていた
・失踪当日の18:00に炊飯器をセット
・失踪当日、真帆のアルバイトは「遅番」ではなく「早番17時終わり」だった
・サッカー教室のロッカールームに篤斗のGPSが落ちていた
・サッカー教室に忘れもを取りに真帆と篤斗が来てた(金 17:30)
・謎の女性・本木陽香から凌介が駅で声をかけられる(金 9:32)
・同僚・二宮瑞穂は週末実家(関西)に帰省
・運送会社「亀田運輸」に宛先不明で身に覚えのない荷物が凌介の元に戻ってくる。中身は「篤斗?」

【真犯人フラグ】第1話・考察

なぜ真帆はパートを遅番だと凌介に嘘をついていたのか?

 

単純に真帆の勘違いなのか?ただ、雨で篤斗のサッカー教室がなくなったと凌介に連絡した時に「早番」だったということは伝えていなかった。

 

また、前日に映画の話をしていたが、凌介も含め4人で行く約束をしていたから、3人だけで映画を観に行っていないはず。

 

そう考えると何らかの事件に巻き込まれたか、真帆が子どもたちを連れて失踪した可能性が考えられる。

 

現段階では、凌介の携帯に菱田朋子が登録されていたこともあり、過去に2人は何らかの関係があったのかもしれない。それが原因で真帆は子供らと失踪したのではないか。

真犯人フラグ・第2話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第2話がわかるダイジェスト!【第3話は10/24(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第2話の要点

・凌介の元へ届けられた「お探しものです」と書かれた荷物の中身は、篤斗ではなかった
・荷物が出荷されたのは魚場所は市場で当日集荷担当は98kg巨漢の男性
・死体は5年以上冷凍され、10歳前後の篤斗とは別の少年
・本木陽香は葬儀社で働いている
・新居に何か埋まっているという連絡が不動産会社にあり、確認すると光莉が履いていたのとよく似たローファーが埋められていた
・橘の携帯に「たすけて(16:07)」の文字
・篤斗が真帆と光莉らしき人物と歩いているドライブレコーダーの映像が見つかった(17:18)

【真犯人フラグ】第2話・考察

現段階では、凌介宛に送られてきた荷物の中身が「5年以上冷凍された10歳前後の男の子」だったことから、犯人は過去に家族を殺害されたことがある人物だと予想

 

その事件はいまだ解決されていないか、犯人が無罪で捕まっていない可能性も考えられる

 

自身の事件を再捜査させるために、同じような事件を起こしているのではないか?

 

で、第2話の段階での犯人は「日野渉」

 

理由は、凌介の友人・河村は「独身・離婚歴なし」とプロフィールに書かれているのに対して、日野は婚姻について一切書かれていないから

真犯人フラグ・第3話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第3話予告60秒【日テレドラマ公式】 - YouTube

【真犯人フラグ】第3話の要点

・新居の建築を中断しないと林自身の縁談に影響が出る
・新居に埋められていたのは、光莉のローファーだった
・橘は光莉の恋人
・光莉がストーカー被害にあっていた
・木幡由実から瑞穂宛にかがやきの土が届く
・朋子と山田が事件当時のことで何か隠している
・光莉の携帯に電源が入り、GPSを目印に探しにいくがそこには誰もいなかった
・真帆の指輪が見つかる
・真帆は失踪する前に凌介が保険金受取人で生命保険に加入していた
・朋子からカレーの差し入れ
・何者かが凌介の遺影写真を飾って、お経を読む

【真犯人フラグ】第3話・考察

ドライブレコーダーに篤斗が光莉と真帆らしき人物が歩いている映像が見つかったが、篤斗以外は傘で顔が隠れていた。凌介が真帆にプレゼントした限定傘だというだけで真帆と決めつけているようだが、実は別人(犯人)である可能性が考えられる。たとえば、顔見知りの菱田朋子とか。

 

真帆と朋子は共犯?あるいは、学生時代、憧れだった真帆を凌介に奪われた日野?

真犯人フラグ・第4話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第4話予告60秒【日テレドラマ公式】 - YouTube

【真犯人フラグ】第4話の要点

・凌介が真帆に生命保険をかけていたが、お互いに見直し
・火災保険を加入するときに生命保険の見直しをした
・携帯電話が見つかった現場には女性物と思われる24cmの足跡
・猫おばさんが言うには、光莉のローファーを埋めたのは女性
・記者会見を開く
・新居の建築を中断
・「ミシシッピアカミミガメを守る会副会長」が凌介の不倫現場として写真をSNSへ投稿
・朋子の家の押入れに何かが隠されていた
・凌介が帰宅するとリビングの窓ガラスを破ってサッカーボールが飛び込んできた

【真犯人フラグ】第4話・考察

不倫現場、ローファー、冷凍遺体の情報を提供しているのは、亀田運輸で働く望月鼓太郎だと推測。望月は瑞穂に好意を抱いていて、いつも仲がいい凌介に嫉妬。瑞穂が凌介のことをキライになるように仕向けている。

 

朋子の家の押入れに隠されていたものは、凌介の家を監視しているモニターや写真など。朋子が凌介に好意(恨み?)を抱き、ストーカーみたいな感じになっていた。

真犯人フラグ・第5話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第5話がわかるダイジェスト!【第6話は11/21(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第5話の要点

・事件当日、篤斗はボールを持って1人でサッカー教室から出た
・サッカー教室を出た凌介を謎の男が隠れて見ていた
・凌介が警察署の帰り、知らない男性からブドウゼリーをかけられる
・一星の提案で瑞穂と同盟を組む
・サッカーボールが蹴り込まれた日、175cm以上の男が団地の防犯カメラに映っていた
・年末の家族旅行を失踪直前に凌介がキャンセルしたことをアカウント名「アフロディーテの下僕」からぷろびんに情報提供があった
・凌介は何者かによって車道に突き飛ばされる
・朋子が真帆と同じ限定傘を持っていた

【真犯人フラグ】第5話・考察

冷凍遺体の情報を流した「アフロディーテの下僕」は望月鼓太郎。理由は瑞穂のことが好きだから。

 

謎の男については、あまり関係ない感じが…、単純にニュースで事件を知って、正義感から凌介に嫌がらせをしている。真帆のパート先の従業員か朋子に好意を持っている男性

 

サッカーボールについては、下から蹴り上げて窓ガラスを割るのはかなり難しい感じがする…となると何者かがベランダに侵入し、サッカーボールを投げ入れた可能性も考えられる

 

また事件当日、真帆ら三人が歩いている映像が残っているが、子供らを連れて歩いているのは、真帆ではなく朋子

 

真犯人フラグ・第6話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第6話がわかるダイジェスト!【第7話は11/28(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第6話の要点

・朋子はフリマアプリで真帆と同じ限定傘を購入
・朋子と真帆は家の鍵を交換していた
・合鍵を使って朋子は凌介の家に入り、洗濯物を整理
・凌介を見ていた謎の男は10年以上前に何らかの関係があった人物
・料理している謎の女性の元へ「充さん」から着電(16:17)
・朋子は毎週金曜日は16時まで、息子の習い事がある日は18時半まで仕事
・朋子は真帆とお揃いの物をいくつも持っている
・真帆から凌介のもとに夜空の写真が1枚送られてくる
・亀田運輸宛に送られてきていた苦情メールに「お探しのものです」というタイトルで横たわった光莉の姿が映し出される動画が添付されているものがあった

【真犯人フラグ】第6話・考察

朋子は真帆に憧れているだけで、ただ真帆が行方不明になって理想の妻をちょっと楽しんでいる

 

現時点で怪しいのは、真帆と日野渉

 

2003年の時点で日野は左手の薬指に指輪をしており、結婚していた。それなのに一度も家族の話が出てきていないのが不自然。

 

それと気になるのが、事件当日、凌介に接触してきた本木陽香。実は日野の娘とかだったりして…。そして、冷凍死体は謎の男の息子??

 

10年以上前に何らかの出来事に凌介が関わっていたがいまは忘れている。

真犯人フラグ・第7話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第7話がわかるダイジェスト!【第8話は12/5(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第7話の要点

・光莉の監禁動画が撮影された現場(山梨)に向かったが誰もいない
・光莉の監禁動画を送ったのは、光莉に付きまとっていたストーカーの籾山
・凌介と瑞穂が不倫関係にあると疑われれる
・凌介に接近してきた謎の男の名前は「中村充」
・ストーカーの籾山に監禁動画を送るように指示したのは160cm程度の細身の女
・陽香が篤斗の服に似た子供服を落札
・陽香は出品者(keiju1008)に「私は全て知ってる。バラされたくなければ商品情報を消せ、誘拐犯。」とメッセージを送る
・警察に凌介が真帆に生命保険をかけていたこと知らせたのは林
・真帆と林の密会写真が凌介宅のポストに投函されていた

【真犯人フラグ】第7話・考察

光莉の監禁動画をストーカーの籾山に送るように指示した女性は一体誰なのか?光莉がストーカー被害にあっていることを知っている人間だとすると数人に絞られた。

 

その中で怪しいのは、瑞穂と朋子の2人。で、イメージ的に細身となると「朋子」なのではないかと予想。そうなると、光莉と篤斗を監禁しているのは朋子なのかもしれない。

 

朋子の自宅の押し入れには、光莉と篤斗を監禁している部屋の監視モニターも隠されているとか。

 

となると犯人は「菱田朋子」が濃厚だか、なんか違う気がする…

 

ずっと朋子は、凌介に気があると思っていたが、実は逆で真帆の大親友なのかもしれない。なので朋子は協力者で真犯人ではない

 

ちょっと怪しいと思っていた日野も真帆の協力者のような感じもします。朋子も日野も離婚経験あり?2人とも人生のどん底で真帆に助けてもらった恩があったりするのかも…

 

ということで、現時点での真犯人予想は「相良真帆」

真犯人フラグ・第8話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第8話がわかるダイジェスト!【第9話は12/12(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第8話の要点

・真帆との密会写真について林が「新居の打合せで不倫ではない」と凌介に説明
・真帆と林は11年前に大学のサッカー部の同窓会で会っていた
・瑞穂が何者かに襲われる「しちはごじゅうろく」
・サッカー教室の山田が10番のユニフォームを発注していた
・真帆が「DNA情報鑑定センター」の封筒を隠していた

【真犯人フラグ】第8話・考察

真帆と林の関係は林が凌介に伝えたように不倫関係ではなく、先輩と後輩の間柄で当時も何らかの相談を受けていた

 

ちなみに、真帆と林が同窓会で出会ったのと凌介と充が会ったのは同じ時期なのかも。そして、充は朋子の元旦那だった可能性もある??

 

真帆が隠していた「DNA情報鑑定センター」の封筒の中身は朋子のもので、真帆や瑞穂、篤斗のものではない気がします

 

それが原因で朋子は離婚?あるいは、凌介と朋子が1度だけ関係を…。いずれにしても、真帆の不倫には関係ないもののような気がします。(なんとなくだけど)

 

今回、朋子と山田の関係が少しあきらかになり、失踪当日、サッカー教室から篤斗を連れて帰ったのは朋子。で、山田はその事を口止めされている。

 

朋子に惚れている山田を利用しているだけ

 

教祖に相談していた女性は髪型から朋子の可能性が高い。ということは、交差点で凌介を突き飛ばしたのは朋子ということになる。

 

朋子と充は教団で知り合った。真帆も教団関係者なのか?

 

瑞穂を襲った黒マスクが呟いた「しちはごじゅうろく」の意味がまったくわからない…

 

ということで、現時点での真犯人は「相良真帆」で協力者が「菱田朋子」と推測

真犯人フラグ・第9話の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第9話がわかるダイジェスト!【第1部最終回・第10話は12/19(日)よる10:30】 - YouTube

【真犯人フラグ】第9話の要点

・真帆と林は11年前のサッカー部の同窓会で不倫関係になっていた?
・真帆は、酔いつぶれてしまい、林と関係をもったか記憶が無い
・朋子は、真帆から林との関係について相談を受けていた
・DNA鑑定は、林には拒否されて鑑定はしていない
・清明が下校途中、見知らぬ男から「ハナシタラコロス」と脅される。
・林はコインロッカーに真帆の運転免許証と財布を隠していた
・何者かが運転する車で林は逃亡
・中村充が冷凍遺体の身元確認のため警察に訪れる
・木幡由実と中村充は関係していた
・凌介宛の冷凍便に氷漬けにされた篤斗

【真犯人フラグ】第9話・考察

真帆と林は関係をもった感じになっているが、DNA鑑定を林が拒否していることから同窓会のあと2人は何もなかった。その後、林から2人の関係を凌介にばらすと脅されていた可能性が高い…と推察。

 

第9話で木幡由実(バタコ)の正体があきらかになり、瑞穂へ「かがやきの土」を送りつけていたことから謎の教団関係者であることがわかった。また、中村充とつながりがあったことから、これまで充と電話していた相手である確率が高い。交差点で凌介を突き飛ばした人物である可能性大。

 

でもなぜ凌介を恨んでいるのか?充が言うように11年前に何らかの接点があったと考えられる。凌介が単身赴任中にバタコと不倫?

 

で、瑞穂を襲った黒マスクも実はボイスチェンジャーを使った木幡由実ではないかと推察。さらに、冷凍遺体は教団の子どもなのかもしれない。

 

そして、等々力建材も教団はつながっていて、教祖らしき女性は林の婚約者である茉莉奈の母親。不倫のことで悩んでいた真帆は、林経由で知った教団で洗脳され、今回の事件を起こしたのではないかと推察。

 

ということで、現時点での真犯人は「相良真帆」と推測

真犯人フラグ・第10話(第1部)の要点と考察

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第10話がわかるダイジェスト!【真相編は1/9(日)よる10:30スタート】 - YouTube

【真犯人フラグ】第10話(第1部)の要点

・篤斗は助かったが、ショックによるPTSDと診断
・ぷろびんに冷凍遺体の情報を流していたのは太田黒
・真帆たちの失踪日、林はアリバイがあった
・林は茉莉奈の父親の会社が管理する倉庫に身を隠す
・林が凌介を呼び出が再び茉莉奈の車で逃亡
・篤斗が真帆を殺害したのは凌介だと阿久津らに話す

【真犯人フラグ】第10話(第1部)・考察

篤斗が阿久津らから事情聴取を受ける前日に何者かが訪れていることから、篤斗は脅されて凌介が犯人だと証言した可能性が高い。そして、篤斗のPTSDには、サッカー教室、自宅押し入れなどを考えると朋子が関係していると予想される。

 

篤斗を冷凍荷物として、凌介に送りつけたのも朋子。すべて、真帆のためにやったこと?

 

ということで、現時点での真犯人は「相良真帆」と推測。ただ、母親なら自分の息子を危険な状態になるまでやらない気もするけど…

真犯人フラグの見逃し配信

ドラマ「真犯人フラグ」独占配信中!

真相編を見る前に総復習

【キャンペーン】https://www.hulu.jp/

ドラマ「真犯人フラグ」・真相編

真犯人フラグ・第11話(第2部)の要点と考察

【真犯人フラグ】第11話(第2部)の要点

・篤斗の証言で凌介は警察へ任意同行
・光莉の監禁動画に映っていた椅子と同じものを凌介が購入していた
・トランクルームの椅子から凌介の痕跡以外は検出されなかった
・追いつめられた林が「やっぱ、あいつ殺すか…」とつぶやく
・篤斗が虚偽の記憶によるPTSDの可能性も考えられた
・バタコが篤斗の病院に忍び込む
・篤斗に包丁を向ける朋子
・光莉が「誘拐も何もかも、すべてお父さんの自作自演です」と話す動画が撮影
・林は何者かに逃走車内で殺害される

【真犯人フラグ】第11話(第2部)・考察

・篤斗の証言について

篤斗の行動、担当カウンセラーの意見から「虚偽の記憶によるPTSD」の可能性が高い。おそらく、別の人物が殺害している映像を凌介にすり替えたフェイク動画を何度も篤斗に見せて洗脳。で、篤斗を洗脳しているのは誰か。これまでの行動を見る限り、朋子だと推察。

 

・林について

林は等々力幸造から依頼を受けた強羅誠が殺害。では、林はなぜ殺害されたのか?単純に贈収賄の罪を林一人に背負わせるためだと推察


・朋子について

真帆への憧れから凌介や篤斗に近づく。篤斗の病室に忍び込んだのは、サッカー教室のコーチとの関係、自宅の押し入れのことなどの口止めするためなのではないかと推察。真帆と朋子は繋がっているのでは?


・バタコ(木幡由実)について

教団の指示で動いている。過去に凌介と何らかの関係があったと考えられる。例えば、亀田運輸へクレームを入れたときに凌介が対応し、バタコが一方的に好意を抱いていた。凌介の幸せな生活を見て嫉妬、妬みからストーカーになった。


・光莉の証言動画について

篤斗と同じように何者かに脅され、証言したと考えられる。一体誰によってなのか?真帆、日野あたりがあやしい感じがします

 

ということで、現時点での真犯人は「相良真帆」と推測。ただ、協力者として「菱田朋子、日野渉」も考えられた。ただ一点だけ、二宮が手作りでウィッグを上手に作っていたのがちょっと気になります。

真犯人フラグ・第12話(第2部)の要点と考察

【真犯人フラグ】第12話(第2部)の要点

・林の死が世に知れ渡り、凌介の命が狙われる
・篤斗の病室で鉢合わせた朋子とバタコは面識ない
・凌介の自宅から林の血がついた包丁が見つかる
・父子鑑定の結果、篤斗は凌介の実子ではなかった
・失踪時、篤斗が誰かと白い車に乗ったという目撃情報があった
・失踪時、篤斗はサッカーボールを持っていなかった可能性が高い
・強羅が瑞穂を見て「やっぱりあの子かぁ…」と一言
・かがやきの世界の関連する白い車の助手席に篤斗の姿が発見される
・バタコが病院で凌介に近づき、渡したお茶に異物を混入させる
・バタコから「毎日大変ですね。…本当の子供じゃないのに」と告げられる
・陽香が光莉を拘束しており、注射器で血を抜く

【真犯人フラグ】第12話(第2部)・考察

・林について

林を殺害した犯人は、強羅か茉莉菜が考えられる。強羅については、等々力幸造の指示で殺害。茉莉菜については、真帆と林の関係性を知り、強羅に協力してもらい殺害したと推測。林の殺害に使われた包丁が凌介の自宅にあったのも、強羅によるものではないか。

 

・朋子について

前回の予想は外れ、バタコと朋子は面識がなかった。ということは、2人は別々に行動していると考えられる。バタコは教団の影響、朋子は真帆の指示?なのではないかと推測

・バタコ(木幡由実)について

今回、凌介が全く関係のない女子高生に階段から突き落とされたことから、バタコも相良家の事件を知り、これまでの自分と重ね合わせ犯行を実行している可能性も考えられる。そのすべての元凶は教団

 

・光莉について

葬儀屋・陽香によって拘束されていた。陽香も教団関係者である可能性が高い

 

第12話までを見る限り、家族のことで真帆が教団に相談したことがきっかけで今回の事件が起きているのではないかと推察。陽香、バタコの教団関係者と朋子、強羅によって犯行が行われている。朋子は真帆の指示、強羅は等々力建材の指示で動いているのではないかと予想。で、すべてに関係しているのが真帆。また、凌介と篤斗の父子鑑定の結果については、何者か(朋子)によって偽造されたものであって、実の子であると予想します。

真犯人フラグ・第13話(第2部)の要点と考察

放送後、追記

真犯人フラグの見逃し配信

ドラマ「真犯人フラグ」独占配信中!

最新キャンペーンを使っておトクに見逃し視聴

【キャンペーン】https://www.hulu.jp/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ