映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の感想(ネタバレ含)

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の感想(ネタバレ含)

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の感想(ネタバレ含)を書きます。

 

2020年7月16日(木)からフジテレビ系で放送開始されました。

 

荒井ママレさんの漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」を石原さとみさん主演でテレビドラマ化。

 

原作では、石原さとみさん演じる主人公・葵みどりは入社2年目であるが、ドラマでは8年目の設定に変更。

 

また、清原翔さんが演じる予定だった小野塚綾役を成田凌さんが代わりに務めています。

 

 

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」・あらすじ

 

萬津総合病院薬剤部に勤務して8年目の薬剤師・葵みどり(石原さとみ)。

 

同じ薬剤部の主任・刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示のもと、みどりら病院薬剤師たちが、処方箋をひとつひとつ確認し、調剤、監査といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。

 

そんなある日、薬剤部に新人・相原くるみ(西野七瀬)がやってくる。

 

くるみを連れて薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。

 

そこで、医師や看護師と連携して緊急処置に当たる病院薬剤師・瀬野章吾(田中圭)とみどりの姿を目の当たりにするのであった…。

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」

【見逃し配信】https://fod.fujitv.co.jp/

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」・人物相関図

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」・相関図

引用:https://www.fujitv.co.jp/

 

葵みどり役・石原さとみ/相原くるみ役・西野七瀬/小野塚綾役・成田凌/刈谷奈緒子役・桜井ユキ/羽倉龍之介役・井之脇海/工藤虹子役・金澤美穂/販田聡子役・真矢ミキ/辰川秀三役・迫田孝也/七尾 拓役・池田鉄洋/荒神寛治役・でんでん/瀬野章吾役・田中圭 

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の感想

これより下はドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」のネタバレを含んだ感想となります。

 

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第1話を視聴して、初めて病院薬剤師という仕事の内容を知りました。

 

薬剤師さんを取り上げた初めてのどらまっだので、知らなかったことばかりでおもしろかったです。

 

実際もあんなに忙しいのかちょっと疑問ですが…ドラマなので少し大げさに表現している感じも。

 

ただ、医師からあんなひどい扱いを受けている薬剤師さんも実際いるような気もしますね。

 

命を助ける医師が一番エライって。

 

そんな考えを持つ医師たちに向けたドラマなのかもしれないですね。

インスリンを打っていれば、普通と変わんないと思っている人たちに、私たちの気持ちはわからない。

当事者にしかわからない本音。

 

見た目は健康そうだけど、実は病気を抱えている人って案外多いのかもしれないですね。

 

自分の価値観で決めつけるのではなく、なぜそんな行動をするのか少しは考える余裕を持ってもいいのかもしれないです。

 

最後、みどりの努力がすこし報われたのもよかったです。

 

 

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」

【見逃し配信】https://fod.fujitv.co.jp/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします