映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

vod比較(動画配信サービス)
2020年4月初春ドラマ一覧表
アダルトVOD(動画配信サービス)を比較
U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」感想・第1話から最終回までのまとめ

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」の感想

 

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」の感想と第1話から最終回までの内容を放送ごとにまとめています。 

キングダム3・あらすじ

前作・キングダム(第2シリーズ)で中華統一を目指す秦王・嬴政は軍事最重要拠点のひとつ山陽の攻略に成功する。

 

しかし、趙国の天才軍師・李牧は、これまで保ってきた七国の勢力図を塗り替えかねないこの一手に危機感を抱く。

 

そして、楚国の宰相・春申君を総大将に、楚、趙、魏、燕、韓、斉の六国による合従軍を立ち上げ、秦国への侵攻を開始するのであった―。 

TVアニメ「キングダム」各回の内容が理解しやすいように、「キングダム(第3シリーズ)」の勢力図(キャラクター)を最初にご紹介。

 

キングダム・勢力図(第3シリーズ・主要キャラクター)

「キングダム(第3シリーズ)」の人物相関図

引用:https://twitter.com/

 

尚、記事はTVアニメ「キングダム・第3シリーズ」の放送後、各回ごとに更新していきます。(原作漫画は読んでおりません。)

【NHK総合】
毎週月曜日 午前0時15分
*4月6日(月)午前0時15分より放送開始

 

dTV(https://video.dmkt-sp.jp/)
毎週月曜日 午前12時(正午)配信
*4月6日(月)正午より配信スタート

 

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第1話から最終回までの感想

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第1話 迫り来る合従軍の感想 

 

キングダム・第3シリーズの第1話がついに放送され、あっという間の25分でした。

 

信も政もちょっと大人になったのか、カッコよくなってたし、河了貂が女の子っぽくなっていましたね。

 

それにしても、突如六国(合従軍)から同時侵攻を受け、皆がうろたえる中で士気を高めた嬴政(えいせい)の姿には鳥肌がたちました。

 

あんな人が国王だと国民も心強いですよね。

 

とはいえ、一気に六国から攻められるって、実際は恐ろしいどころの騒ぎじゃなかっただろうな…想像するだけでもゾッとする。

 

趙国三大天・李牧の策略に唯一はまらなかった政。

 

さすが秦国・大王、咸陽で李牧との接触を避けた甲斐があったってことなのかな。 

第1話の内容

千人将となった飛信隊・信は軍師・河了貂と共に戦いに明け暮れていた。そんな中、趙国三大天・李牧の策略によって六国(合従軍)から攻められてしまう秦国。突然の危機に混乱する中、大王・嬴政によって冷静さを取り戻し、対応策を模索するのであった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第2話 一堂に会すの感想

 

合従軍のメンバーが少しずつ明らかになってきましたね。

 

今回、一番印象に残ったのは斉国王・王建。

 

ヘビを加えた姿で蔡沢と会うとは、かなりの曲者感が出てましたね。

 

それに2人の交渉も王建は合従軍にあまり乗り気ではなかったのか、それとも李牧のスゴさを知ったからなのか…。

 

秦国の麃公将軍の勘の良さ凄すぎでしょ。

 

こっからどう打開していくのか続きが楽しみです。

第2話の内容

六国の合従軍が秦国へ次々と侵攻する中、軍総司令の昌平君は危機的状況を打開するために斉国との交渉を模索する。一方、侵攻中の魏軍に追いついた飛信隊は少ない兵数で善戦を繰り広げる大将軍・麃公の軍を目の当たりにするのであった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第3話 函谷関攻防戦の感想

 

ついに合従軍との戦が始まりました。

 

原作漫画を読んでいないだけに、山陽攻略が昌平君の描いた中華のつみの一手だったことに驚かされました。

 

そして、それに気づいた趙国の李牧は阻止するために合従軍を結成したのだとは思わなかったです。

 

国門・函谷関で実際にあれだけの軍勢が一度に戦っていたと想像すると恐ろしく感じました。

 

楚国の春申君という人物も気になるし、楚国が気持ちよくしゃべっているところを待たずに秦国の麃公将軍が開戦しちゃったのはちょっと面白かった。

 

これから秦国の将軍らがどう戦っていくのか非常に興味深く、楽しみです。

 

第3話の内容

函谷関の陣形図

引用:https://twitter.com/ 

秦国の名だたる将軍を召集した軍総司令・昌平君は、国家存亡の危機を救う僅かな望みをかけた作戦を伝える。それは、全軍で国門・函谷関にて合従軍を迎え撃つこと。この作戦を受け、秦国を挙げた大軍勢が函谷関へと集結し、遂に開戦…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第4話 二つの戦場の感想

 

キングダム・第4話で飛信隊の副将・羌瘣が登場。

 

第2シリーズではかわいらしかったけど、今回は大人に成長したからなのか、顔が変わってしまいましたね。

 

前の顔の方がすきだったので、ちょっとショック…。

 

あの感じだと函谷関攻防戦では、まだ飛信隊と合流しない感じですね。

 

肝心の戦は、ちょっとずづ面白い展開になってきました。

 

合従軍との戦が開戦し、相変わらず、本能で攻める麃公将軍。

 

趙軍の罠だとわかっていても、敵を知るためにわざと罠にかかりに行くって、普通の人間は怖くてできないと思う。

 

麃公軍を意図的に移動させて、背後から奇襲をかける趙軍の前に信が現れたときはちょっと鳥肌が立ちました。

 

あの戦況で後方に行くってすごい判断だし、よく逆走できたと思う。

 

そして趙軍総大将・李牧が信頼を寄せている副将・慶舎ってどんな人物なんだろうか、麃公将軍との今後の戦い方が気になります。

 

一方、巨大な井闌車(せいらんしゃ)を用意していた魏軍。

 

あの時代であんなバカでかいものを作り、移動させるって…しかも函谷関に届くように設計されているってスゴ過ぎ。

 

それと井闌車は、魏国から持ってきたのか、それとも函谷関近くで密かに作られていたのかも気になります。

 

今後、魏軍の井闌車をどうクリアしていくのか、桓騎将軍の戦いも早くみたいですね。

第4話の内容

ついに函谷関攻防戦が開戦。麃公将軍の下に配属された隊長・信に率いる飛信隊は、趙軍を次々と撃破。しかし、趙軍副将・慶舎の策略に見事ハマり、麃公軍の動きが突然止まる。一気に追いつめられた麃公軍だが、信の予想外の動きによって盛り返す。その頃、国門・函谷関では、魏軍総大将・呉鳳明率いる魏軍に攻め始められていたのだった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第5話の感想

放送終了後に追記

TVアニメ「キングダム」見逃し配信

dTV(https://video.dmkt-sp.jp/)

31日間無料おためし実施中*2020年4月時点