映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、アニメ等のネタバレ感想を書いたり、気に入った名言・名セリフをご紹介しています。また、動画配信サービス(VOD)の比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

MENU
vod比較(動画配信サービス)
映画見放題を比較
アダルトVOD(動画配信サービス)を比較
韓流見放題を比較

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」感想・第1話から最終回までのまとめ

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」の感想

 

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」の感想と第1話から最終回までの内容を放送ごとにまとめています。

キングダム3・あらすじ

前作・キングダム(第2シリーズ)で中華統一を目指す秦王・嬴政は軍事最重要拠点のひとつ山陽の攻略に成功する。しかし、趙国の天才軍師・李牧は、これまで保ってきた七国の勢力図を塗り替えかねないこの一手に危機感を抱く。

 

そして、楚国の宰相・春申君を総大将に、楚、趙、魏、燕、韓、斉の六国による合従軍を立ち上げ、秦国への侵攻を開始するのであった―。 

TVアニメ「キングダム」各回の内容が理解しやすいように、「キングダム(第3シリーズ)」の勢力図(キャラクター)を最初にご紹介。

 

キングダム・勢力図(第3シリーズ・主要キャラクター)

「キングダム(第3シリーズ)」の人物相関図

引用:https://twitter.com/

 

尚、記事はTVアニメ「キングダム・第3シリーズ」の放送後、各回ごとに更新していきます。(原作漫画は読んでおりません。)

 

動画配信
サービス
配信
状況
動画配信
サービス
配信
状況
Netflix 視聴 Amazon
30日間無料
視聴
U-NEXT
31日間無料
視聴 dアニメ
初月無料
視聴
dTV
31日間無料
視聴 Hulu
2週間無料
視聴

*2021年時点

 

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第1話から最終回までの感想

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第1話 迫り来る合従軍の感想

キングダム・第3シリーズの第1話がついに放送され、あっという間の25分でした。

 

信も政もちょっと大人になったのか、カッコよくなってたし、河了貂が女の子っぽくなっていましたね。

 

それにしても、突如六国(合従軍)から同時侵攻を受け、皆がうろたえる中で士気を高めた嬴政(えいせい)の姿には鳥肌がたちました。

 

あんな人が国王だと国民も心強いですよね。

 

とはいえ、一気に六国から攻められるって、実際は恐ろしいどころの騒ぎじゃなかっただろうな…想像するだけでもゾッとする。

 

趙国三大天・李牧の策略に唯一はまらなかった政。

 

さすが秦国・大王、咸陽で李牧との接触を避けた甲斐があったってことなのかな。 

第1話の内容

千人将となった飛信隊・信は軍師・河了貂と共に戦いに明け暮れていた。そんな中、趙国三大天・李牧の策略によって六国(合従軍)から攻められてしまう秦国。突然の危機に混乱する中、大王・嬴政によって冷静さを取り戻し、対応策を模索するのであった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第2話 一堂に会すの感想

合従軍のメンバーが少しずつ明らかになってきましたね。

 

今回、一番印象に残ったのは斉国王・王建。

 

ヘビを加えた姿で蔡沢と会うとは、かなりの曲者感が出てましたね。

 

それに2人の交渉も王建は合従軍にあまり乗り気ではなかったのか、それとも李牧のスゴさを知ったからなのか…。

 

秦国の麃公将軍の勘の良さ凄すぎでしょ。

 

こっからどう打開していくのか続きが楽しみです。

第2話の内容

六国の合従軍が秦国へ次々と侵攻する中、軍総司令の昌平君は危機的状況を打開するために斉国との交渉を模索する。一方、侵攻中の魏軍に追いついた飛信隊は少ない兵数で善戦を繰り広げる大将軍・麃公の軍を目の当たりにするのであった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第3話 函谷関攻防戦の感想

ついに合従軍との戦が始まりました。

 

原作漫画を読んでいないだけに、山陽攻略が昌平君の描いた中華のつみの一手だったことに驚かされました。

 

そして、それに気づいた趙国の李牧は阻止するために合従軍を結成したのだとは思わなかったです。

 

国門・函谷関で実際にあれだけの軍勢が一度に戦っていたと想像すると恐ろしく感じました。

 

楚国の春申君という人物も気になるし、楚国が気持ちよくしゃべっているところを待たずに秦国の麃公将軍が開戦しちゃったのはちょっと面白かった。

 

これから秦国の将軍らがどう戦っていくのか非常に興味深く、楽しみです。

 

第3話の内容

函谷関の陣形図

引用:https://twitter.com/ 

秦国の名だたる将軍を召集した軍総司令・昌平君は、国家存亡の危機を救う僅かな望みをかけた作戦を伝える。それは、全軍で国門・函谷関にて合従軍を迎え撃つこと。この作戦を受け、秦国を挙げた大軍勢が函谷関へと集結し、遂に開戦…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第4話 二つの戦場の感想

キングダム・第4話で飛信隊の副将・羌瘣が登場。

 

第2シリーズではかわいらしかったけど、今回は大人に成長したからなのか、顔が変わってしまいましたね。

 

前の顔の方がすきだったので、ちょっとショック…。

 

あの感じだと函谷関攻防戦では、まだ飛信隊と合流しない感じですね。

 

肝心の戦は、ちょっとずづ面白い展開になってきました。

 

合従軍との戦が開戦し、相変わらず、本能で攻める麃公将軍。

 

趙軍の罠だとわかっていても、敵を知るためにわざと罠にかかりに行くって、普通の人間は怖くてできないと思う。

 

麃公軍を意図的に移動させて、背後から奇襲をかける趙軍の前に信が現れたときはちょっと鳥肌が立ちました。

 

あの戦況で後方に行くってすごい判断だし、よく逆走できたと思う。

 

そして趙軍総大将・李牧が信頼を寄せている副将・慶舎ってどんな人物なんだろうか、麃公将軍との今後の戦い方が気になります。

 

一方、巨大な井闌車(せいらんしゃ)を用意していた魏軍。

 

あの時代であんなバカでかいものを作り、移動させるって…しかも函谷関に届くように設計されているってスゴ過ぎ。

 

それと井闌車は、魏国から持ってきたのか、それとも函谷関近くで密かに作られていたのかも気になります。

 

今後、魏軍の井闌車をどうクリアしていくのか、桓騎将軍の戦いも早くみたいですね。

第4話の内容

ついに函谷関攻防戦が開戦。麃公将軍の下に配属された隊長・信に率いる飛信隊は、趙軍を次々と撃破。しかし、趙軍副将・慶舎の策略に見事ハマり、麃公軍の動きが突然止まる。一気に追いつめられた麃公軍だが、信の予想外の動きによって盛り返す。その頃、国門・函谷関では、魏軍総大将・呉鳳明率いる魏軍に攻め始められていたのだった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第5話 若き将の台頭の感想

待ちに待った第5話がついに放送されました。

 

魏軍の巨大井闌車が2台登場するとは思わなかったですね。けど、油を盗んでいたとは桓騎将軍の方が1枚上手でした。火矢1本で井闌車攻略って、やっぱり桓騎はカッコイ

 

それに対して真面目な張唐も正反対でいいですね

 

毒兵器を用いた戦いを得意とする韓軍総大将・成恢の今後の動向がすっごく気になります。

 

一方、楚軍と蒙武・騰連合軍の戦いも始まって展開が楽しみです。早速、楚軍・臨武君の髪型をいじるのは良かったですね。なんであの髪型にしているのか誰もが気になるところをちゃんと聞いてくれたし(笑)

 

王賁と蒙恬の戦いも始まり、見どころ満載!案外、楚軍の第1軍はすぐ攻略できそうな感じもしますね。

第5話の内容

魏軍総大将・呉鳳明が造った巨大井闌車によって函谷関は危機に。しかし、将軍・桓騎の奇策によって1台は破壊。一方、楚軍15万の大軍勢と対する蒙武と騰の連合軍9万の激闘が繰り広げる。しかし、その行く手には楚軍千人将・項翼、弓の名手・白麗が立ち塞がるのであった…。

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第6話の感想

キングダム・第6話では、臨武君と騰の一騎打ちが行われたのですが、あっけなく臨武君が倒れましたね。

 

やっぱり秦六将・王騎将軍を支えていただけあって圧倒的に強い。

 

おまけに王騎のものまねまでしていたし…

 

王騎を尊敬してるのか、バカにしているのかよく分かんないけど(笑)

 

一方、蒙恬と王賁の戦いも気になりますね。

 

項翼と白麗の連携にどう戦っていくのか、案外あっさりと終わりそうな気も…

 

そして、信と万極の争いもどうなっていくのか。貂が戦場に行って流れが大きく変わっていくのか気になるところです

第6話の内容

秦軍・蒙恬と王賁、楚軍・項翼と白麗。若き将たちが戦場にて熱い火花を散らす。一方、秦軍の軍長・録嗚未は、楚国第一軍を率いる将軍・臨武君を相手に苦戦を強いられる。しかし、王騎将軍の死後、軍を引き継いだ将軍・騰が現れるのであった…

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第7話の感想

キングダム・第7話では、信と万極の戦いにケリがつきましたね

 

秦六将・白起の大虐殺を知り、考え込む信。

 

だれでもあんな話を聞かされたら…けど貂が言ってることもわかる。

 

犠牲になるのは、なんの罪もない子どもたち。

 

いつの時代も同じ、戦争がない時代を目指すのが大人たちの役目

 

それにしても、生き埋めされたのに普通助かるのかな

第7話の内容

趙軍の万極将軍のもとへたどり着いた飛信隊・信だったが、数多の怨念を背負う禍々しい姿を目にする。それはかつて長平の地で秦六将・白起が趙軍に行った大虐殺の憎しみだった。だが、万極もこれまでに多くの秦国民を無差別に殺してきた。激しい怒りと同情の思いを抱く信だが、あることが脳裏によぎるのだった…

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第8話の感想

キングダム・第7話では、楚の第二軍を率いる将軍・媧燐が登場

 

春申君からは戦いの天才と言われているが、歴史上、実在していない人物(キャラ)なので、これからどんな戦になっていくのかすっごく興味深いです

 

さらに、韓軍・成恢の毒を相手に蒙驁、張唐、桓騎がどのように戦っていくのか今後の展開も気になります。

 

何となくキーマンは桓騎将軍って感じがしますね。3人のうち、誰かが毒に侵されなければいいけど…

 

一方、信も麃公将軍から1300人も増兵してもらったので、今後の活躍が気になります

第8話の内容

函谷関での戦いも15日目、いよいよ全軍を挙げての戦がスタート。将軍・蒙武の檄によって楚軍へと突撃した壁将部隊。これまでの戦い方とは違い戦法に打って出た蒙武。一方、楚軍第二将・媧燐は騰軍を相手に次の作戦を進めていたのだった…

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第9話の感想

キングダム・第9話では、合従軍と秦軍の全軍を挙げての戦いがついに始まりました

 

なんと言っても今回は蒙武がカッコよかったですね。

 

自身を全中華最強と名乗り、自軍に檄を飛ばし、これまでやっていなかった戦術を使う

 

王騎の死によって、考え方が変わったってことなんでしょうが…

 

そして言葉通り、蒙武は楚軍・汗明を討つことはできるのか。騰があっさりと臨武君を倒したように、案外蒙武も汗明をあっさりと倒しちゃうかもしれませんね。

 

また、戦象を出してきた第二将・媧燐の方が汗明よりも戦術に優れている感じがするので、この先どんな戦い方を仕掛けてくるのか楽しみです

第9話の内容

多くの犠牲を出しつつも、合従軍(楚軍と趙軍)から二人の将軍を討ち取った秦軍。第一軍の将を失った楚軍は、第二軍を率いる将軍・媧燐に第一軍の指揮も任せることに。しかし、第二軍は動かさず第一軍にのみ戦いを強いる媧燐。さらに本陣に「全軍大いなる凡戦を連ねて十日後に函谷関を落とすべし」と進言するのであった…

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第10話の感想

キングダム・第10話では、蒙恬と王賁が臨時で5千人の指揮官に任命されました。

 

早速、2人の戦略のおかげで窮地から抜けだせそうな感じになり、媧燐と騰の次の一手が気になるところです

 

録嗚未と干央があのままやられるって気もしないので、蒙恬らと合流するような感じもします

 

一方、函谷関では呉鳳明の策略に圧倒され、攻め込まれるも桓騎のおかげで何とかなりそうなですね。

 

鳳明か成恢のどちらかの首を狙いに行くのかも。それにしても、桓騎はカッコイイですな…

第10話の内容

戦象相手に録嗚未と干央が奮闘。何とか危機を脱するが、媧燐の策略で再び秦軍は窮地に立たされる。この状況に騰将軍は左右の軍の指揮官を蒙恬と王賁に任命。一方、魏軍・呉鳳明によって再び攻め込まれる函谷関。さらに先日、韓軍から毒攻撃を受けた張唐将軍が…

TVアニメ「キングダム・第3シリーズ」第11話の感想

放送終了後に追記

 

動画配信
サービス
配信
状況
動画配信
サービス
配信
状況
Netflix 視聴 Amazon
30日間無料
視聴
U-NEXT
31日間無料
視聴 dアニメ
初月無料
視聴
dTV
31日間無料
視聴 Hulu
2週間無料
視聴

*2021年時点

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ