映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の感想(ネタバレ含)

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を視聴したので、ちょっとだけネタバレを含んだ感想を書きます。

 

2020年9月18日に公開された「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」がまだ映画館で上映されていたので観に行ってきました。(観客動員130万人突破!11月23日時点)

あらすじ

武器として育てられ、感情を持たない一人の少女がいた。彼女の名は、ヴァイオレット・エヴァーガーデン。戦地で負傷し、ベットの上で目を覚ましたヴァイオレットに残されたものは、戦場の記憶とそこにはいないギルベルト少佐(上官)が最後に告げた「愛してる」の言葉だけだった。やがて戦争も終わり、代筆業(自動手記人形)に従事するヴァイオレットは親愛なるギルベルト少佐がどこかで生きていることを信じる日々を送っていた。数年たったある日、1通の宛先不明の手紙が見つかるのであった…。

 

 

 

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を見終えた感想は、ストーリーと京都アニメーションが描く映像も素晴らしく、140分があっという間でした。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデンのストーリーは、王道で何となく先が予想できるのですが、まったく飽きることなく、いつの間にか感情移入し、自然と涙が流れているのが魅力のひとつ

 

劇場版も自然と涙が流れるところもあり、これまでの世界観を壊さずに完結していたのがよかったです。

 

本作品は、主に3つのストーリーから物語が構成されていました。

 

【少年・ユリス】 

ユリス

引用:https://twitter.com/

ヴァイオレットに手紙の代筆を依頼した少年・ユリスとのストーリーは、家族や親友に対する感謝の気持ちを忘れず、自分の素直な思いを伝える大切を教えてくれる内容でした。

 

たぶん、ほとんど人がユリスのところで涙腺が崩壊すると思いますので、ハンカチとティッシュ、あと替えのマスクを持参することをおススメします。

 

【アン・マグノリアの過去】 

デイジー

引用:https://twitter.com/

ヴァイオレットが昔、代筆をしたアン・マグノリアの孫・デイジーとのストーリーでは、本作品から観始めた人でもわかるようにこれまでの内容も回想する構成になっていました。(テレビアニメで神回と言われている第10話と関係しています。)

 

また、手紙に思いを書き記し、伝えることで後世に当時の出来事や思いが受け継がれるのと同時に、自分が生きていた証になることを思い知らされました。

 

【ヴァイオレットとギルベルト少佐】 

ギルベルト少佐

引用:https://twitter.com/

 

ヴァイオレットとギルベルト少佐の結末は、テレビアニメを観ていた者としても、多少もどかしさを感じますが、納得いく終わり方だったと思います。

 

家族愛、純愛、親愛と観ている人の立場によって受け止め方が変わる作品なんだと思いました。

 

ほんの少しツッコミたくなるところもあるので、細かいことが気になる人には「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は向いていないかもしれません。

 

ただ個人的には、そんなことが気にならないほど、映像と内容が素晴らしい作品だと思います。

 

ぜひ、映画館の大スクリーンで観てみてはいかがでしょうか?

 

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

 

京アニ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」をまだ視聴していない人は、先に全13話を観てから劇場版をご覧になることをおススメします。

 

⇒ 京アニ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の感想はこちら

 

京アニ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

【独占配信】https://netflix.com/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ