映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、アニメ等のネタバレ感想を書いたり、気に入った名言・名セリフをご紹介しています。また、動画配信サービス(VOD)の比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

MENU
vod比較(動画配信サービス)
映画見放題を比較
アダルトVOD(動画配信サービス)を比較
韓流見放題を比較

アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」の名言・名セリフ

アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」の名言・名セリフ

アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」の名言・名セリフをご紹介

 

漫画家・吾峠呼世晴さんの原作「鬼滅の刃」を2019年にアニメ化。アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」は「竈門炭治郎 立志編(全26話)」と「遊郭編」がつながるエピソードで制作された

無限列車編・あらすじ

四十人以上もの行方不明者が出たという「無限列車」の調査へと炎柱・煉󠄁獄杏寿郎が向かう。一方、蝶屋敷での修業を終えた炭治郎らが先に無限列車へ乗り込んでいた煉󠄁獄と合流するのだが…

なお、アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」は全7話。アニメ「鬼滅の刃 遊郭編」は2021年12月5日よりフジテレビ系列にて放送予定です

鬼滅の刃の見逃し【dアニメ 31日間無料】

https://anime.dmkt-sp.jp/

 

鬼滅の刃 無限列車編の名言・名セリフ

鬼滅の刃 無限列車編・第1話の名言・名セリフ

鬼が事件を起こしたことで弁当の売り上げが落ちたというふくに煉󠄁獄が伝えた言葉

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

あなた方は暗いうちから準備して、我々のために弁当を売りに来てくれるのだな。実にありがたい。そのような人々が傷つけられることは決してあってはならない。安心するがいい。切り裂き魔は俺が片付ける。

ふくから弁当を買ってくれないかとお願いされた煉󠄁獄が返した一言

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

そうだな、では全部いただこう!

鬼が存在することを知らなかったふくに向かって煉󠄁獄が伝えた言葉

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

鬼を知らず、遭遇もせず、それで天寿を全うできるならそれが一番だ。

鬼滅の刃 無限列車編・第2話の名言・名セリフ

炭治郎から「ヒノカミ神楽、円舞」について尋ねらえた煉󠄁獄が返した言葉

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

知らん(中略)俺の継子になるといい。面倒を見てやろう

魘夢が煉󠄁獄らについて呟いた言葉葉

魘夢・名言

夢を見ながら死ねるなんて幸せだよね。どんなに強い鬼狩りだって寒けないない。人間の原動力は心だ。精神だ。精神の核を破壊すればいいんだよ。殺すのも簡単、人間の心なんてみんな同じ。ガラス細工みたいにもろくて弱いんだから

鬼滅の刃 無限列車編・第3話の名言・名セリフ

夢の中で柱になっても父親に認められなかった煉󠄁獄が弟・千寿郎に伝えた言葉

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

千寿郎、お前は俺とは違う。お前には兄がいる。兄は弟を信じている。どんな道を歩んでもお前は立派な人間になる。燃えるような情熱を胸に頑張ろう

夢の中で家族に呼び止められるも現実の世界に戻ることを決意した炭治郎が心の中で呟いた言葉葉

竈門 炭治郎・名言

たくさんありがとうと思うよ。たくさんごめんと思うよ。忘れることなんてない。どんなときも心はそばにいるだから、どうか許してくれ。

鬼滅の刃 無限列車編・第4話の名言・名セリフ

なし

鬼滅の刃 無限列車編・第5話の名言・名セリフ

眠りから目が覚めた煉󠄁獄が呟いた一言

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

よもやよもやだ。柱としてふがいなし、穴があったら入りたい

鬼滅の刃 無限列車編・第6話の名言・名セリフ

炭治郎を刺した運転手を助けるように頼まれた伊之助が返した言葉

嘴平 伊之助・名言

行ってやるよ。親分だからな。子分の頼みだからな!助けた後、あいつの髪の毛全部むしっといてやる。

腹を刺された倒れている炭治郎に止血方法を教えた煉󠄁獄が伝えた言葉

煉󠄁獄 杏寿郎・名言

呼吸を極めればさまざまなことができるようになる。なんでもできるわけではないが、昨日の自分より確実に強い自分になれる

鬼滅の刃 無限列車編・第7話の名言・名セリフ

視聴後追記

 

鬼滅の刃 無限列車編の見逃し

アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」の見逃し配信一覧表

*無料登録後、すぐ見逃し視聴ができます(Netflix除く)

動画配信
サービス
配信
状況
動画配信
サービス
配信
状況
Netflix 視聴 Amazon
30日間無料
視聴
U-NEXT
31日間無料
視聴 dアニメ
初月無料
視聴

見逃しならFODアニメ見放題

2週間無料
視聴 Hulu
2週間無料
視聴

*2021年時点

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ