映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

映画「幸せのちから」を視聴した感想(ネタバレ含)

映画「幸せのちから」を視聴した感想(ネタバレ含)

 

映画「幸せのちから」を視聴した感想(ネタバレ含)を書きます。

 

ウィル・スミスの主演映画だったので視聴。

 

これまでに数回観るほど好きな映画。その時の自分の状況によって見え方が変わってくる作品だと思います。(感想の続きは後半で)

ウィル・スミスが実の息子と親子共演。ホームレスから億万長者になった実在の人物を描いた物語。

本作品は実在するクリス・ガードナーの半生が元に映画化された。原題は「The pursuit of happiness(幸福の追求)」

 

 

映画「幸せのちから」・あらすじ

1981年のサンフランシスコでセールスマンのクリス・ガードナーは、妻と5歳の息子と3人で暮らしていた。

 

高級医療機器の販売で生計を立てていたクリスだったが、仕事がうまく行かず家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。

 

最終的には、妻に愛想を尽かされ、自宅も立ち退きを命じられてしまう。

 

そんなクリスは自分の才能を信じて、一流証券会社へ入社。

 

しかし、6ヶ月の無給インターンを経て、正式採用されるのはただ一人。

 

クリスの過酷な戦いが始まるのだった…。

映画「幸せのちから」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/

映画「幸せのちから」を視聴した感想

これより下は映画「幸せのちから」のネタバレを含んだ感想となります。

 

ウィル・スミス主演の映画でこれまでに数回観るほど好きな映画のひとつ。

 

その時の自分が置かれている状況によって見え方が変わってくると思います。

 

きっと現状に不満や不安がない人には向いていない作品です。

 

父親目線で見ると自分のせいで息子にイヤな思いをさせることほど、辛いことはないと思う。

 

精神的に追い込まれると、頭ではわかっていてもつい感情的なってしまい、息子につらく当たってしまう。

 

親が子供に対してやってはいけないことなんだろうけど、クリスの気持ちも少しわかる気がします。

 

とくに息子とトイレで一夜を過ごすシーンは観ていてとてもつらかったし、あそこで涙を流したクリスの姿が一番印象的でした。

 

ただ、普通だったら絶対に思い出したくないことを恐竜ごっこを付け加えることで、少しでもいい記憶に変えようとする発想はぜひ見習いたいところです。

 

それと同時に、仕事があって寝る場所があることが当たり前ではなく、いま普通に暮らせていることに感謝しようと思いました。

 

一方、お金が原因で起きる夫婦喧嘩やすれ違い。

 

極限状態までいくと話し合うことすらできず、別居。

 

一番の犠牲者は、やっぱり子供。

 

こんな時、どうするのが正解なんだろうか。

 

妻は安定した収入がただ欲しいだけ、夫はいまの生活から抜け出すために挑戦したいだけ。

 

どっちも正解のような気もするけど、個人的には抜け出すための挑戦を選びたいかな。

 

本作品のラストでクリスが正式採用されるシーンは、何回観ても目頭が熱くなります。

 

子育て世代の父親に観てもらいたい作品です。 

映画「幸せのちから」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/

映画「幸せのちから」で印象に残った言葉

誰にもムリだなんて言わせるなよ。パパにも…いいな?夢があったらそれを守るんだ。できない者は人の足を引っ張る。何か欲しけりゃ取りに行け。

屋上で息子と一緒にバスケットをするシーンでクリスが息子にむかって言った言葉です。

 

映画「幸せのちから」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/