映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング

【ディーン・フジオカ】シャーロック・第2話「菅野美穂」ネタバレ感想

シャーロック・第2話

シャーロックの第2話は菅野美穂さんが出演。

第2話「身代わり殺人事件」の内容とネタバレ感想を書いていきたいと思います。

 

「シャーロック」の見逃し配信は「FOD」でご覧になれます。

FODプレミアム | フジテレビ公式<FOD>【1ヶ月無料】

シャーロック・第2話「身代わり殺人事件」

シャーロックの第2話は、ある朝、自宅で寝ていた若宮潤一(岩田剛典)が物音で目を覚ますところから始まる。

 

じつは誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の自宅が水漏れしたため、なぜか一緒に暮らすことになった若宮は、朝から獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔。

 

そこに捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)から獅子雄へ連絡が…。

新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の捜査に協力してもらいため、獅子雄を誘い出すのであった。

なぜか若宮も無理矢理連れてこられ、獅子雄と共に遺体安置室で女性の遺体と対面し、勝手に遺体を調べ始める。

 

遺体は、所持品から高橋博美(三浦透子)という女性とみられると江藤から説明があるも、遺体の手首には「0314」と番号が貼られていることに気づく。

 

獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。

これは、身元不明遺体を示す番号で高橋博美として死んだ女性は、全くの別人。

こうして、高橋博美に成り代わった遺体の謎を追うため、獅子雄と若宮は身辺捜査を始める。

 

婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去不倫案件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。

 

 

そこで獅子雄は、青木の事務所でアルバイトしている河本美沙(岸井ゆきの)の様子がおかしいのに気づき彼女をマークする。

 

その晩、若宮のもとに河本から「明日会いたい」と連絡があり、会うことに…。

 

 

そこで、河本から高橋博美の免許証写真に写っている人物が偽物であることを教えられる若宮。

 

一方、獅子雄は、青木が2審で弁護を降りた案件の調査を行っていた。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

【公式】月9『シャーロック』(フジテレビ)毎週月曜よる9時さん(@sherlock_cx)がシェアした投稿 -

 

そこで、高橋博美が「ヤマシタサワコ」だということを突き止め、徐々に青木を追いつめていくのであった。

その後、警察の調査で本物の高橋博美はすでに死亡していることが判明。

その頃、河本は真相を確認するため、事務所に行き、青木と二人で話を…。

 

河本の身の危険を感じた獅子雄と若宮は、青木の事務所に向かい、河本を助け出す。

 

事務所で青木と二人っきりになった獅子雄は、事件の真相を暴き、無事に事件を解決するのであった。

 

シャーロック・第2話のネタバレ感想

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

【公式】月9『シャーロック』(フジテレビ)毎週月曜よる9時さん(@sherlock_cx)がシェアした投稿 -

シャーロックの第2話は、正義と悪魔の顔を持った女性が起こした内容の事件でした。

菅野美穂さん演じる青木藍子は、弁護士であり犯罪者。

感情を隠し、淡々とした雰囲気がすごく伝わってきて、ちょっと怖い感じがしました。

 

どんな人にも辛い過去はあるはず。

それをプラスに変えるか、マイナスに変えるかで人生が変わってくることを教えられた気がしました。

第2話からディーン・フジオカさんと岩田剛典さんのコンビが本格的に動き出し、お互いのやり取りが新鮮でよかった。

 

二人ともいい男ですね。女性に人気があるのもわかります。

 

それにしても、あのボイスチェンジャー欲しいな。あんなに簡単に声が変えられたらおもしろそう。

 

今回も佐々木蔵之介さんはいい感じの適当さでおもしろかったです。

 

他人の力で出世する。じつはスゴイ人なのかも…。

 

 【見逃し配信】シャーロック