映画・ドラマ『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、動画のネタバレ感想をご紹介。動画配信サービス(VOD)比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

映画「手紙」を視聴した感想(ネタバレ含)

映画「手紙」を視聴した感想(ネタバレ含)

映画「手紙」を視聴した感想(ネタバレ含)を書きます。

 

沢尻エリカさんの出演映画「クローズド・ノート」に続き、映画「手紙」を視聴。

 

犯罪者とその家族の視点に立った作品ということもあり、深く考えさせられました。(感想の続きは後半で)

弟の武島直貴を大学に進学させたいという思いから強盗殺人を犯してしまった兄・剛志。犯罪者の弟というレッテルを背負って生きていく姿を描いた作品

東野圭吾さんの代表作「手紙」を2006年に実写映画化。原作だと主人公・武島直貴は、バンドを結成しているが、映画では漫才コンビになっている。

 

 

映画「手紙」・あらすじ

弟の武島直貴と2人暮らしの武島剛志は、弟を大学にやる学費欲しさに盗みに入り、誤って強盗殺人を犯してしまう。

 

高校生だった直貴は、突然独りぼっちになり途方に暮れる。

 

「強盗殺人犯の弟」というレッテルを貼られた彼はその後も引越しと転職を繰り返す。

 

そんな直貴を救ったのは由美子の存在だった。

 

やがて、2人は結婚し、娘が生まれる。

 

しかし、その幸せが再び脅かされるようになった時、直貴は決意。

 

剛志との縁を切るために、獄中の兄に宛てて手紙を出すのだった。

映画「手紙」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/

「U-NEXT」なら映画「手紙」をすぐに視聴することができます。

映画「手紙」の感想

これより下は映画「手紙」のネタバレを含んだ感想となります。

 

映画「クローズド・ノート」に続いて、沢尻エリカさんが出演している映画「手紙」も原作小説を読んでおらず、予備知識なしで視聴。

 

白石由実子を演じた沢尻エリカさんの関西弁がちょっと気になったが、主人公・直貴を演じた山田孝之さん、兄・剛志を演じた玉山鉄二さんの演技がとても素晴らしかったです。

 

普段あまり考えることもない加害者目線でのストーリー展開だったこともあり、多くのことを考えさせられました。

 

加害者目線で言えば、犯罪を犯したのは自分(直貴)ではなく、兄(剛志)。そこまでひどい差別を受けなくてもいいのではと思ってしまう。

 

しかし、被害者目線だと自分の身内を殺した人間とその家族が幸せでいることを許すことができないだろうな…。

 

どちらの立場になるかで考え方が真逆になるし、どっちが正解なのか当事者にならなければわからないんだと思う。

 

そんな中、直貴が務める会社の会長さんの言葉が印象的でした。

差別は当然。

 

どんな人間だって犯罪からは遠くへ身を置きたいと思う。

 

犯罪者やそれに近い人間を排除しようというのは至極まっとうな行為なんだ。(自己防衛本能)

 

君の兄さんは自分が刑務所に入ればそれで済むという問題じゃない。

 

今の君の苦しみをひっくるめて君の兄さんの犯した罪なんだ。

 

ここから始める。コツコツと少しづつ。

 

差別のない場所を探すんじゃない。

 

ここで生きていくんだ。

いつ加害者になってしまうかわからないからこそ、自分が刑務所に入ればそれで済むという問題じゃないということを決して忘れてはいけないのだと思った。

 

フィクション作品なので途中疑問に思うところもありますが、ラストまで内容がまとまってて視聴しやすかった。

 

犯罪を犯さないためにも一度は観ておきたい作品です。

 

Amazonプライムビデオだと音声が変できちんと観られなかったのでご注意。(2020年4月17日時点)

 

なので、U-NEXTで視聴することをおススメします。

映画「手紙」を視聴するなら【U-NEXT】

31日間 無料体験実施中

https://www.video.unext.jp/