映画・ドラマ・アニメのことなら『ココモス』

動画配信サービス(VOD)の見逃し配信をフル活用し、話題のドラマや映画、アニメ等のネタバレ感想を書いたり、気に入った名言・名セリフをご紹介しています。また、動画配信サービス(VOD)の比較やメリット、デメリットなども詳しく解説。

MENU
vod比較(動画配信サービス)
映画見放題を比較
アダルトVOD(動画配信サービス)を比較
アニメ見放題を比較

ドラマ「女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜」の名セリフ・名言

ドラマ「女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜」の名セリフ・名言

ドラマ「女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜」は、北川景子演じる東京地裁の裁判官・柊木雫が法律家を目指す者が通う法科大学院(ロー・スクール)に派遣され、司法試験合格という目先のゴールばかりにとらわれる現実に新風を巻き起こしていくオリジナルストーリーです

 

どんな内容なのか詳しく知りたい方はこちら

 

それでは、ドラマ「女神(テミス)の教室」の名セリフ・名言をご紹介していきます

ドラマ「女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜」の名セリフ・名言

ドラマ「女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜」の名セリフ・名言をご紹介する前に、役名(キャスト)がわからないと困るのでドラマ「女神(テミス)の教室の相関図」のリンク先を貼っておきました。

 

将来のことを考えて実務に沿った勉強もした方がいいと考えている柊木雫(北川景子)に照井雪乃(南沙良)が伝えた一言

試験に受からない限り 将来なんてやってこないんです 落ちれば時間もお金もどぶに捨てることになるんです

~ 女神(テミス)の教室 第1話 ~

これ大学受験とかで浪人生活を送ったことがある人は共感できるのでは。ただ試験に受かることだけを考えて勉強をしていた

 

平気で嘘をつく人について安藤麻理恵(佐藤仁美)が学生たちに言った言葉

みんな自分を守るために必死なんだから何だってするよ

~ 女神(テミス)の教室 第1話 ~

「正直者が馬鹿を見る」 人の嘘に気づいた時ほど凹むときはない。きっと自分もとことん追い込まれたら平気で嘘をついてしまうのかな… 本当にどん底に落ちたら、きれいごとだけでは済まないと思う。ただ歳をとって万引きで捕まる人生はイヤ

 

+ 女神(テミス)の教室・第1話の感想

女神(テミス)の教室の第1話を見終えて、人気教員・藍井仁演じる山田裕貴さんが膨大なセリフ量を淡々と話すシーンに驚かされました。内容については、司法試験に合格することだけを考える藍井と生徒らに北川景子さん演じる裁判官・柊木雫が実務を考慮した指導をしていくものでした。模擬裁判のところも見ていて面白かったです。第2話以降、どんな展開になっていくか楽しみです

「人のことは他人がわかるわけない」という照井仁に柊木雫が返した一言

だからこそ 私たちは自分たちの幸せのために 時には思いや主張を声に出して伝える努力をしないといけない

~ 女神(テミス)の教室 第2話 ~

誰もが簡単に主張できるわけではないけど、伝えられるようになると現状も多少変わるかも。ちょっと前に流行った「嫌われる勇気」が必要?なのかも

+ 女神(テミス)の教室・第2話の感想

女神(テミス)の教室の第2話を見終えて、令和の仮面ライダー対決でしたね。水沢拓磨と天野向日葵が抱えていた問題があきらかになったけど、真中信太郎の心の闇は謎のまま。親が政治家か何かですかね。今回のテーマは「銭湯とタトゥー」。個人的には、タトゥーを見慣れていないので今のままの方がいいかな…。まだ子連れで入浴するので。

 

tver.jp(最新話)