映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング
スター・ウォーズの順番は「公開順?時系列順?」おすすめタイトル

【木村拓哉】グランメゾン東京・第5話「玉森裕太」ネタバレ感想

グランメゾン東京の第5話

グランメゾン東京の第5話が放送されたので、内容とネタバレ感想を書きたいと思います。

グランメゾン東京・第5話 フードフェス出店(ネタバレ含)

グランメゾン東京の第5話は、3年前、パリ・エスコフィユで二つ星を獲得したところの回想シーンから始まる。

二つ星で喜んでいた仲間を尾花(木村拓哉)が激怒。場の雰囲気を変えるため祥平(玉森裕太)がまかないの「栗ときのこのポテトグラタン」を作るのであった。

3年前のナッツ混入事件について、記者からの直撃取材を受ける尾花と倫子(鈴木京香)。

 

さらに、尾花の過去についても大々的に書かれて、より一層炎上。

 

ついに「グランメゾン東京」グランドオープン当日を迎えるが、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の状況になる。

オープンして、すぐに閉店の危機。

そんな危機を乗り越えるため、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案。

 

 

店にお客が来ないのであれば、外に売り出しにいき、集客に繋げようと考えた。

 

一方、祥平は恋人・美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した件で責められ、ホテルの料理長を辞めることに。

 

尾花の提案でフードフェスの出店に祥平も加わることになり、まずまずの滑り出しとなる。

だが、「グランメゾン東京」の予約がゼロになってしまうのだった。

 

次の日、フードフェスの会場に向かうと長蛇の列が…。

 

さらに、数々のフードフェスに出店した尾花らは毎回、高い評価を受けるのであったが、江藤(手塚とおる)が裏で手をまわし、フードフェスの出店が中止に。

 

そんな中、倫子が過労で倒れてしまう。

 

店に戻った京野は、3年前のナッツ混入事件の犯人は自分だと告白するが、本当の犯人は祥平だったのだ。

 

3年前、祥平のミスでナッツオイルを混入させてしまったのだ…。

 

事実を知っていた尾花は祥平に料理人を続けるように説得。

 

そんな祥平が選んだのは、丹後(尾上菊之助)がいる「gaku」で働くことであった。

 

その後、フードフェス効果もあり、ふたたび「グランメゾン東京」にはお客がくるように…。

グランメゾン東京・第5話のネタバレ感想

グランメゾン東京の第5話は「グランメゾン東京」がフードフェスに出店する内容でした。

さらに、3年前のナッツ混入事件の犯人が明らかになりました。

 

祥平(玉森裕太)のミスで起きた事件だったんですね。

 

尾花(木村拓哉)は気づいていた上でいろんな行動をしていたと思うと、妥協せずきびしいけど、いい人。

 

大変だけど、あんな人の下で料理を学べば、いい料理人になれそうです。

 

次回、「gaku」と直接対決、楽しみです。

 

「グランメゾン東京」の見逃し配信
【Paravi】https://www.paravi.jp/

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします