映画・ドラマ『ココモス』

昭和のテレビっ子が書く話題のドラマと映画、動画のネタバレ感想。動画配信サービスでもう一度観たい映画やドラマを観てあの頃を振り返る!

動画配信サービス(VOD)比較
2019年秋ドラマ見逃し配信一覧表
2019年秋ドラマ視聴者ランキング
スター・ウォーズの順番は「公開順?時系列順?」おすすめタイトル

【松岡昌宏】死役所・第5話「ハヤシの過去」ネタバレ感想

死役所・第5話

松岡昌宏さん主演の死役所・第5話が放送されましたので、ネタバレ感想を書きたいと思います。

死役所・第5話「殺人を犯した経緯」(ネタバレ含)

死役所の第5話は、ハヤシ(清原翔)が自分の罪を反省する方法について、シ村(松岡昌宏)に相談するところから始まる。

ミチル(黒島結菜)に言われた言葉をきっかけに自分の犯した罪について改めて考えはじめたハヤシ。

ハヤシに過去を振り返るようアドバイスをするシ村。

  

シ村に打ち明けるハヤシ

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/

 

そこでハヤシは、自分が殺人を犯した経緯をシ村に打ち明けるのであった。

 

父・雄作(草野康太)と3年も口を聞いていないほどの不仲だったハヤシだが、祖父・清三(伊藤洋三郎)とは仲がよかった。

 

そんな清三が病で他界し、ハヤシの出生の秘密が父から打ち明けられる。

ハヤシは、父・雄作の子ではなく、祖父・清三の子であったのだ。

さらに幼馴染のまりあ(岡野真也)が同級生らからイジメられていることを知り、いじめっ子を突き落としてケガをさせてしまう。

 

その後、まりあと結婚したハヤシにも子供が産まれる。

 

まりあから伝えられる

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/

 

だが、その子供はハヤシの子ではなく、別の男との間にできた子であることを伝えられるのであった。

 

事実を知ったハヤシは、まりあら三人を殺害し、死刑。

 

すべてを聞いたシ村は、自分自身の感情と向き合うことをすすめるのであった。

 

死役所・第5話のネタバレ感想

 ハヤシの過去

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/

死役所・第5話は「ハヤシの過去」があきらかになりました。

自分の家族を殺害し、死刑。

もし、自分がハヤシのように突然、出生の秘密を知ったら、気がおかしくなってまともに生活できていなかったと思う。

 

なぜ、ハヤシの母親は最後まで秘密にしておかなかったのかな。

 

自分が満足するだけで、残された人たちは知らない方がマシのような気がする。

 

自分の犯した過ちをわざわざ教えて、残された人たちを不幸にするのは最悪だと思いました。

 

それにまりあおも別のことを理由に離婚すればいいのに、なぜ伝える必要があるのか…。

 

なんとも言えないハヤシの過去でしたね。

ブログランキング・にほんブログ村へポチお願いします

 

【paravi】死役所・見逃し配信中
https://www.paravi.jp/